ホームセンターへ足を向けると、様々な価格帯のドッグフードを目にします。
しかし、普段当たり前のように与えていたドッグフードの安全性を一度でも考えたことがあるでしょうか。
実は市販のドッグフードこそ、愛犬の健康を害しているかもしれません。
今回は安全性が高くおすすめできるドッグフードをランキング形式でご紹介していきます。

安全なドッグフードおすすめランキング

家族の一員である愛犬には、美味しくて健康的な食事を出してあげたいですよね。
しかし多様化が進む今、どのドッグフードを選べばよいのか悩んでしまう飼い主さんが増えています。
そこで、当サイトがおすすめするドッグフードを「なぜおすすめなのか」の理由を添えてご紹介していきましょう。

1.モグワンドッグフード
なんと、モグワンのホームページには「カナガンを超えた食いつきを!」とカナガンを意識したキャッチが見受けられます。
実はモグワンを作っているのはカナガンのスタッフなのです。
モグワンは良質かつ豊富な原材料で栄養バランスが良く、健康成分も含まれているため体づくりに非常に向いています。

特に涙やけを気にするテリア系のわんちゃんやトイプードル、チワワにはぜひ使ってほしいドッグフードです。

2.アランズ ナチュラルドッグフード
『自然給餌(ナチュラルフィーディング)』と呼ばれる、野生の犬と変わらない食事内容をモチーフに設計されているのが『アランズ ナチュラルドッグフード』です。
名前やモチーフの通り、アランズ ナチュラルドッグフードはシンプルかつ高品質な原料だけで作られています。
栄養価が高く吸収率が高いため、一般的なドッグフードよりも少量できちんと栄養を摂れる点もうれしいですね。

アランズ ナチュラルドッグフードは、アトピーが出やすいシーズーやウェスティへ特におすすめしたいドッグフードです。

3.ネルソンズ ドッグフード
『ネルソンズ』の良いところは、比較的シニア層の愛犬におすすめできる点です。
人間も犬も、年齢を重ねるごとに消化器官が弱くなっていきます。
そのため、消化が良く栄養の吸収をサポートする食事が重要です。
ネルソンズは穀物を完全に使用しないだけではなく、原料も消化が良くGI値が上がりにくい素材のみ使用しています。
パッケージが半透明で残りが一目で見えるのもうれしいポイントですね。

ネルソンズ ドッグフードは、胃腸の弱いわんちゃんやトイプードルにおすすめしたいドッグフードです。

4.カナガン ドッグフード
高級ドッグフードの先駆け的存在である『カナガン』は、本場イギリスで約95パーセントの人が良いと評価しています。
高く評価されている理由は『安全性の高さ』にあります。
人間が食べられる素材で作られており、さらに愛犬の健康へ最大限配慮したレシピで作られているのです。
オールステージ対応、ドーナツ形で小粒なキブルは口の小さいわんちゃんでにも食べやすいのがうれしいポイントですね。
さらにグルコサミン・コンドロイチン配合・オリゴ糖配合で、健康面に心配を抱えたシニア層にも対応可能です。

健康成分が多いため、椎間板ヘルニアが心配なミニチュアダックスや関節炎・脱臼の多いトイプードルにも使用できます。

市販のドッグフードはおすすめできません。その理由は…

ここまで4種類のドッグフードをおすすめしてきましたが、ただ高いドッグフードを勧めているわけではありません。
その理由を市販されているドッグフードの原料とおすすめドッグフードの原料で比較、ご説明します。

穀物

市販のドッグフード:とうもろこし 菓子粉 小麦粉
おすすめドッグフード:ほぼ不使用

犬の体には穀物を分解する力がほとんど備わっておらず、体内に多く留まるとアレルギー反応を起こしやすいのです。
市販のドッグフードには、上記3点が非常に多く使用されています。
穀物を主原料にしたドッグフードは食いつきが良い傾向にありますが、健康上好ましくありません。

おすすめドッグフードはわんちゃんの体を知り尽くしたレシピにより、必要最低限の炭水化物のみ摂取できるよう設計されています。

たんぱく源

市販のドッグフード:チキンミール 家禽ミール フィッシュミール コーングルテンミール
おすすめドッグフード:チキン生肉 乾燥チキン 生ラム肉

市販のドッグフードに使用される動物性たんぱく質のほとんどは『○○ミール』です。
ミンチ肉と言い換えれば聞こえは良いですが、人間と同じ基準の原料が使われているわけではありません。
骨と血液を除く部位をミンチにしたものが『○○ミール』と呼ばれる原材料です。
原価が安く品質の問われないミールは、100パーセント安全な原料とは言い切れないことから、あまり好ましくありません。

対しておすすめドッグフードはすべて産地が分かる肉を使用し、ミールは使用されていません。
さらにヒューマングレードの原料のみ使用しているため、安全性が抜群に高いのです。

その他の原料

市販のドッグフード:材料が少ない
おすすめドッグフード:豊富な原料の組み合わせで栄養バランスが良い

野生に生息する犬は様々な動物を捕獲しながら生きています。
市販のドッグフードは栄養の添加に頼り、少ない原料で低コスト大量生産していることが多いです。
しかし、おすすめドッグフードは多彩な原料で栄養バランスよく、自然に食事をとることが可能なため選ばれています。

・安い=いい事ではない
ここまで3つの観点から市販のドッグフードをおすすめしない理由をご紹介しました。
多頭飼いのおうちでは、10kg入りの激安ドッグフードが重宝されていることでしょう。
しかし、そのドッグフードが涙やけやアトピー、下痢や嘔吐の症状に直結することを是非知っていただきたいのです。
愛犬と長く幸せに過ごすならば、まずは健康の基礎となる食事を見直すことをおすすめします。

まとめ
今回はおすすめドッグフードをご紹介しました。
市販のドッグフードは「安かろう悪かろう」と言わざるを得ない理由があります。
愛犬の健康維持と長生きのために、まずは安全性の高いドッグフードに切り替えてみてはいかがでしょうか。

ドッグフードの100円モニター


無添加グレインフリーのモグワンドッグフードがなんと100円!
栄養満点のドッグフードをこの機会にお試し下さい。