犬のアレルギーのマーク

いつものドッグフードなのに、愛犬の様子がいつもと違うと感じたことはありませんか。
かゆがる、毛が抜けるなどの症状はもしかすると『食物アレルギー』かもしれません。
この記事では実体験を踏まえ、食物アレルギー対策のできるドッグフードをご紹介していきます。

そもそもアレルギーの原因は何?

まずはアレルギーについて簡単にご説明します。
アレルギーとはある特定の抗原を敵とみなし、免疫が過剰反応することで起こる諸症状のことです。
よくテレビやニュースで目にする『アナフィラキシーショック』も急性アレルギーを指します。

何がアレルギーを引き起こすかはわんちゃんによって違い、必ずしも「これ」というものはありません。
しかし、犬のアレルギー症状を引き起こす可能性が高い食物として以下が知られています。

・小麦(穀物)
・卵白
・牛乳(ほか乳製品)
・牛肉

残念ながら、市販のドッグフードにはアレルギーを発症しやすい小麦が主原料として使用されていることが多いのが現実です。
しかも価格が安く求めやすいため、何も知らない飼い主さんは「コスパ最高!」なんて選んでしまいます。
その結果として皮膚炎や嘔吐、下痢などに悩まされ、医療費が高くついてしまうのです。

皮膚に影響が出やすい理由とは?

犬の食物アレルギーで多く見られる症状は以下の通りです。

・皮膚の発赤(赤くなる)
・体をかゆがる
・脱毛
・皮膚の乾燥(アトピー性皮膚炎)
・下痢
・嘔吐

このように皮膚に症状が現れることが多い傾向にあります。
なぜ皮膚に影響しやすいのかというと、アレルギー反応のタイプによるのです。

・I型
『即時型』と呼ばれる、アレルゲンを摂取してすぐに症状が出るタイプのアレルギー反応です。
免疫細胞と肥満細胞が反応すると発生します。
皮膚炎やじんましんを引き起こしやすく、アナフィラキシーショックもI型です。

・IV型
I型よりアレルギー症状が出るまで時間がかかることから『遅延型』と呼ばれます。
ある一定以上の年齢の方は、小学校の予防接種で『ツベルクリン検査』を受けたことがあるのではないでしょうか。
ツベルクリン検査も実はアレルギー反応を逆手に取った検査なのです。
IV型(遅延型)はリンパ球とアレルゲンが反応することで起こります。
皮膚炎やアトピー性皮膚炎はこれが原因となり発症するのです。

アレルギーのある犬が苦手な成分

食物アレルギーのような症状が出た場合、早急にアレルギーの原因となる物質を取り除くことが重要です。
しかし、何が原因か絞り込むのが難しいと感じる方も多いのではないでしょうか。
ドッグフードに含まれるアレルギー発症リスクが高い食物は以下の通りです。

・小麦 ・小麦粉 ・穀物 ・とうもろこし ・コーングルテンミール
・肉副産物 ・肉類 ・ミートミール ・牛肉 ・肉粉 ・肉骨粉 
・○○ミール ・全卵 ・卵 ・卵白 ・牛乳 ・チーズ ・ヨーグルト 
・乳製品 ・脱脂粉乳

ここに挙げた原料はごく一部であり、わんちゃんによってアレルギー反応が出る食物は様々です。
色々なドッグフードに使用される『鶏肉』が合わないというわんちゃんも稀にいます。
その場合はチキンベースのドッグフードからフィッシュベースのドッグフードに切り替えましょう。

アレルギーは回避できる?ドッグフードの選びかた

何度もお伝えするように、アレルギーがどの食物で起こるかはわんちゃん次第です。
しかし、あらかじめ「あたり」をつけてアレルギーを回避することはできます。
実際に筆者の愛猫は小麦アレルギーを『グレインフリー(穀物不使用)』で回避し、愛犬は病院で検査を行い『牛肉アレルギー』をフィッシュベースのドッグフードで回避することができました。

皮膚のトラブルや下痢・嘔吐の多いわんちゃんはドッグフードを選ぶうえで以下を重視することをおすすめします。

・グレインフリー(穀物不使用)であること
・肉副産物を使用していないこと
・『除去食』や『低アレルゲン』と記載されていること
無添加であること

これらの条件を満たすドッグフードは比較的価格が高めに設定されています。
しかし後々の通院費や治療費を考えると、日頃から安全なドッグフードを与えるほうが良いでしょう。

アレルギーのある犬におすすめのドッグフード

アレルギー別におすすめのドッグフードをピックアップしました。

○牛肉が苦手なわんちゃん
・カナガン
カナガンはチキンベースのドッグフードのため、牛肉が苦手なわんちゃんにおすすめできます。
超小粒でドーナツ型のかわいらしいキブルが特徴です。
穀物不使用で無添加、世界的に見ても清潔かつ安全な工場で生産されています。
牛肉と穀物が苦手なわんちゃんにはカナガンが良いでしょう。

カナガンドッグフードの成分を徹底解剖。お試し前に必ず読む記事

・ジーウィピーク
「アレルギーが怖い、でも栄養満点な食事を与えたい」という方に最高なドッグフードがジーウィピークです。
牛肉だけではなくアレルギー発症が報告されるチキンも除去し、新鮮なベニソン(鹿肉)が使用されています。
さらに穀物不使用で無添加、消化吸収率は驚異の95%です。
最高品質ゆえの超高額な価格設定ですが、美味しさ・安全性を追求するとジーウィピーク以上のドッグフードは見つからないのではないでしょうか。

○魚が苦手なわんちゃん
・GO!(ゴー)
ゴーの『センシティビティ+シャイン』は皮膚のトラブルを抱えるわんちゃんへ向けて製造・販売されています。
魚は一切使用せず、食いつき抜群のカモ肉(アヒル肉)をしているほか、アレルギーの原因となる原料を最小限に抑える工夫が施されているのです。
魚が苦手なわんちゃんをはじめ、穀物が苦手なわんちゃんにも与えられます。

○穀物が苦手なわんちゃん
・モグワン
モグワンは獣医師が推奨するドッグフードです。
リピート率が高く、アレルギーを発症したという報告をあまり目にすることがありません。
穀物不使用、無添加、健康成分が豊富という総合栄養食の見本のようなモグワンは筆者の一押しです。
牛肉と穀物が苦手なわんちゃんにはぜひ試してみてはいかがでしょうか。
筆者の友人宅では乾燥肌のわんちゃんがかゆがらないと大好評ですよ。

モグワンドッグフードをお試しする前に口コミレビューをチェック

・アランズナチュラルドッグフード
ハーブでヘルシーなアランズナチュラルドッグフードはアレルギー対応食です。
小麦をはじめ、大豆・乳製品・とうもろこし・牛肉・豚肉・肉副産物・添加物・香料・保存料を使用していません。
主原料はアレルギーに配慮してラム肉を選び、食いつきと安全性を確保しています。
香りは少し不思議なハーブ風、しかし肉含有率は55パーセント以上と比率が高いため、アレルギー対応食にありがちな低たんぱくという問題もクリアできているようです。
今まさに食物アレルギーや皮膚炎にお悩みのわんちゃんにこそ試してほしいドッグフードと言えます。

アランズナチュラルドッグフードをお試し前に確認必須!口コミレビューで徹底解説

まとめ
今回は犬の食物アレルギーとドッグフード選びをご紹介しました。
アレルギーをただ痒がっているだけ、ただの抜け毛とあなどってはいけません。
場合によりアナフィラキシーショックで命を落とす危険もあるのです。
食物アレルギーが疑われるわんちゃんは、獣医師の判断を仰ぎドッグフードの見直しを行ってくださいね。