愛犬がトイレからなかなか戻らない、いつもよりお腹がポッコリしているときは便秘かもしれません。
しかし、犬の便秘は人間と同じ対処方法でよいのでしょうか。
この記事では犬の便秘がなぜ起こるのか、原因と対処方法をご紹介していきます。

便秘気味の犬

犬の便秘の原因とは?何日出ないと便秘と判断すべき?

いつも通りの生活をしているはずなのに、なぜか愛犬が便秘をしてしまったという経験をされた方も多いのではないでしょうか。
実は犬の便秘は様々な理由が原因となります。
しかし便秘と言っても、何日からが便秘で何日経ったら動物病院を受診すればよいのか明確な目安はありません。
そこで便秘の原因と対処法、便秘の目安を詳しく説明していきます。

便秘は運動不足が原因?

散歩に出かけたつもりが愛犬は抱っこ、飼い主さんだけが歩いている、散歩あるあるですね。
もちろん飼い主さんが一生懸命運動をしても愛犬には全く意味がありません。
運動不足は内臓の働きを低下させてしまうため、運動不足で便秘が加速します。
散歩や運動は腸の働きを活性化させ、便通を良くする効果が期待できます。
散歩は抱っこではなく、きちんと歩かせてあげましょう。

水を飲まないと便秘になるって本当?

便秘がちなわんちゃんのうんちをよく見てみると、うんちが細くポロポロしていることが多いです。
これは体全体の水分量が足りていないことを指しています。
水を飲む量が少ないと体内の水分が不足し、うんちの水分もどんどん腸壁に吸収されてしまうのです。
水分の少ないうんちはポロポロと小さく硬くなり、ふんばってもなかなか出てこない、つまり便秘になります。
硬いうんちを無理やり出すことで肛門を傷つける危険もあるため、普段からこまめに水分を摂るように意識すると良いでしょう。

ほかにもある、便秘の理由

便秘の原因は運動不足と飲水量だけではありません。
日頃から便秘対策として野菜を与えている場合、便通を良くするどころか逆に便秘を加速させてしまっている可能性があります。

「便秘には食物繊維」とよく言いますが、海藻や納豆のようにネバネバ・トロトロした「水溶性食物繊維」とキャベツやゴボウのようにシャキシャキとした「不溶性食物繊維」の2種類があることをご存知でしょうか。
水溶性食物繊維はおなかの中で膨らみ、余分な水分や油分を吸収します。
対して不溶性食物繊維はおなかの中で老廃物をからめとり、腸内をキレイにしてくれます。
水溶性食物繊維が多すぎると満腹感からご飯を食べきれなくなる可能性が、不溶性食物繊維が多すぎると消化不良から便秘になる可能性があるのです。
水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく摂ることが便秘予防につながります。

便秘な理由は食生活の問題?それとも犬の体質に原因がある?

便秘の原因の一つに腸内環境の悪化があります。
腸内に悪玉菌が増えると消化不良を起こしやすく、下痢や便秘などのお通じトラブルが増えてしまうのです。
「もともとお腹の緩い子」と愛犬を紹介する飼い主さんもいますが、実は腸内環境が整っていないという可能性もあります。
しかし、元をただせば食生活により腸内環境が悪くなっていたというケースもあるようです。
例えば食品添加物の化学物質アレルギーや炭水化物の消化不良など、日々の食事は腸内環境と密接な関係があります。
下痢や便秘が続く場合、食生活の見直しは非常に重要です。

老犬になると便秘気味になる?

便秘がちな老犬が多いのには理由があります。
それは、運動量の低下です。
通常、歩く・走るなど運動をすることで腸が動き、お通じを活性化させます。
しかし、シニア期に差し掛かると運動量は減り、腸の動きも鈍くなるのです。
さらに加齢で内臓全体の働きも弱まっていることが便秘を加速させてしまいます。
愛犬が自力で解決できない便秘は、飼い主さんがストレッチや食事の見直しで手助けをしてあげましょう。

2日以上続く便秘は危険!便秘の目安はと対処法

犬の生活リズムや年齢・体格によってうんちの回数は異なります。
一日1~2回うんちをするわんちゃんが多いなか、2日に1回というペースのわんちゃんもいるようです。
普段の様子を観察し、いつもと違うと感じたらしっかり観察する必要があります。
もしも便秘が2日以上続く、トイレに入って踏ん張っても出ていないという場合は動物病院を受診しましょう。

犬が便秘になったときどうする?飼い主にできることとは?

もしも愛犬が便秘がちになったら、飼い主として何をしてあげられるのでしょうか。
ここでは便秘の対処方法をいくつかご紹介します。

マッサージで改善

先ほどご説明したように、腸の働きが鈍くなると便秘になりやすくなります。
そこでおすすめなのが、便秘解消マッサージです。

愛犬のおなかをてのひらでやさしく『の』の字を描くようにゆっくりマッサージします。
その際、マッサージを意識しすぎておなかを指で強く刺激したりせず、おなかがわずかにへこむ程度の力で優しくなでることが大切です。
また、愛犬が嫌がらなければ温めたタオルやカイロを入れたタオルなど、暖かいものでおなか周辺を温めてあげるとさらに効果が高まります。

マッサージの回数は一日1~2回、毎日続けることでスキンシップにも役立ちます。
1回のマッサージは『の』の字を10回程度、たった20秒ほどです。
とても簡単で続けやすいため、便秘でお悩みの方はぜひ試してみてくださいね。

ヨーグルトや食物繊維の多いりんごを犬に与えてもいい?

我々が便秘になると、乳製品や果物を意識して食べることがあります。
犬が便秘になった場合、人間と同じくヨーグルトやリンゴを与えてもよいのでしょうか。

ヨーグルトにはビフィズス菌をはじめ、各社様々な乳酸菌が豊富に含まれています。
犬にヨーグルトを与える際はできるだけプレーンの物を選びましょう。
人間の食べやすい加糖タイプは犬にとってカロリー過多、肥満の原因になるのです。
プレーンヨーグルトでも与える量は食事のおよそ10%、わずか5g程度のため与えすぎに注意してくださいね。

便秘に効果的な食べ物といえば『りんご』が代表的です。
りんごは食物繊維が豊富で、先ほどご説明した水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランスよく含まれています。
愛犬にりんごを与える際は皮ごとすりおろすか、皮付きの状態でカットがおすすめです。
なお、りんごも食べ過ぎると肥満のもととなるため、ヨーグルトと同じく食事の10パーセントにとどめましょう。

便秘に『サプリ』という選択肢

中にはおなかを触らせない、ヨーグルトが嫌い、りんごも残すという困ったケースがあります。
その場合、サプリを使うことも選択肢の一つです。
粉末タイプのサプリなら普段の食事にさっとかける・混ぜるだけのため、飼い主さん・愛犬双方のストレスを軽減することができます。
サプリを与えるデメリットは金額面での負担が大きくなるということに尽きるでしょう。
しかし、サプリで便秘を予防することで余計な通院費用を浮かせることができるかもしれません。

便秘気味の犬におすすめのドッグフードランキング3選

犬の便秘に効果的なドッグフードをご紹介します。
ドッグフードの選考理由は酵素・食物繊維・乳酸菌が含まれ、便秘の解消が期待できることを重視しました。
 

3位:馬肉パラパラミンチ

馬肉パラパラミンチはその名の通り『馬肉』です。
生肉をパラパラな状態で冷凍してあるため使いやすさ抜群、しかも人間も食べられます。
馬肉のメリットは高たんぱくでヘルシー、さらに生肉ならではの『酵素』が魅力的です。
酵素は代謝を上げ、消化を助ける効果があります。
ドライフード嫌いなわんちゃんにも与えやすく、トッピングを変えれば飽きも来ません。
馬肉パラパラミンチ+普段のドッグフード+ヨーグルトで便秘を遠ざけることができるためおすすめです。

2位:FINEPET’S

FINEPET’Sおすすめの理由は、消化吸収率の高さと原材料の良さです。
消化吸収率が87パーセントと高く、消化不良から腸内環境の悪化をすることがありません。
しかも以下のようにおなかに優しい原料・成分が含まれています。

  • オートミール…食物繊維が豊富
  • りんご…食物繊維が豊富、腸内環境を整える
  • ビール酵母…食物繊維が豊富、腸内環境を整える
  • オリゴ糖…整腸効果が高く、腸内環境を整える
  • 海藻…食物繊維が豊富

このほかハーブが数多く使用されているため、非常にヘルシーな印象です。
FINEPET’Sはお腹に優しいドッグフードで、日ごろからおなかの調子が悪い犬にピッタリでしょう。

1位:ナチュロル

ナチュロルをおすすめする理由は、愛犬のからだを思いやるならこれしかないと思うほど、成分と原料が優れているからです。
まず、便秘に効果的な原料として以下が含まれています。

  • 紫サツマイモ…食物繊維が豊富
  • タピオカ…腸内環境を整え、腸の動きを活発化させる
  • りんご繊維…食物繊維が豊富
  • ココナッツ…食物繊維が豊富
  • オリゴ糖・乳酸菌…整腸効果が高く、腸内環境を整える
  • 海藻…食物繊維が豊富

そのほかにも持続型ビタミンCなど抗酸化作用のある成分を多く含み、体の中から免疫力をつけることで強い体を作るという目的意識が非常に高く見えます。
価格は安くありませんが、与える価値の非常に高いドッグフードです。
ナチュロルで便秘や下痢などおなかのトラブルから遠ざかったとレビューする人も多く、ドッグフード選びに悩む飼い主さんへ特におすすめできます

まとめ

今回は犬の便秘の原因と対処法、おすすめドッグフードをご紹介しました。
犬が便秘をする理由は様々ですが、日ごろの食生活が原因となることが多いです。
また、加齢や運動不足により腸の働きが鈍くなることや、水をあまり飲まないことで便秘になることもあります。仮に便秘になった場合は食生活の見直しと便秘解消マッサージを行い、もしも2日以上うんちが出ない場合は様子を見ずに動物病院を受診してくださいね。

ドッグフードの100円モニター


無添加グレインフリーのモグワンドッグフードがなんと100円!
栄養満点のドッグフードをこの機会にお試し下さい。