品質の良いドッグフードを探している人ならば、一度は『カナガン』という名前を目にしたことがあるのではないでしょうか。
しかしカナガンを勧める広告サイトは多く、本質が分かりにくく買い求めにくいと感じる方も多いはずです。
今回はカナガンを実際に購入し、レビューをしながらメリットとデメリットをご紹介していきます。

カナガンドッグフードのパッケージ写真

カナガンドッグフードの購入は下記からどうぞ

カナガンドッグフードとは

カナガンドッグフードとは、イギリスの『シンプリーペットフード』が製造、日本のレティシアンが販売するドッグフードです。
イギリスの大手通販サイトでは販売開始から現在に至るまで星5つの評価を受け続けています。

そんなカナガンの特徴は『自然に近い栄養バランス』です。
雑食と言えど基本は肉を好み、獲物の内臓から果物や穀物を摂取する犬たちのため、カナガンは肉の比率がかなり高めになっています。
つまり「高たんぱく高カロリー」なのです。

また、犬がアレルギーを発症しやすい小麦とコーンを使用せず低アレルゲンである点もメリットの一つと言えます。
ホームセンターで販売されているドッグフードは主成分として『穀類』と記載されていることが多いです。
しかし、犬の唾液には穀類=でんぷんを分解する酵素が無く、大量に摂取した穀類が原因で下痢・嘔吐・口臭・体臭を引き起こす可能性があります。

つまり、カナガンは栄養価が高く低アレルゲンなドッグフードなのです。

カナガンドッグフードの成分

カナガンドッグフードは安全? 原料と成分をチェック!

では実際にカナガンドッグフードの原材料と成分を見ていきましょう。

○たんぱく質
カナガンは人間が食べられるランクのチキンだけを厳選して製造されています。
少ない原料で栄養が偏らないよう、植物性たんぱく質も取り入れているようですね。
たんぱく質が多いという事は、細胞の材料であるアミノ酸を多く作り出し、美しい皮膚と毛並みを作り出す効果が見込めます。
主なたんぱく源は以下の通りです。

骨抜きチキン生肉26% 乾燥チキン25% エンドウ豆 エンドウタンパク 乾燥全卵3.1%

○低アレルゲン
カナガンはドッグフードの原料で一番避けたい『小麦・コーン』を使用していません。
実際のところ、皮膚のかゆみや発赤といったアレルギー症状の原因は不要な穀物だったりします。
しかし、穀物を含む炭水化物=糖質は100パーセント必要ないかというと、否定はできません。
なぜなら、糖質は体にとって一番のエネルギー源だからです。

そこでカナガンはビタミン・ミネラル・食物繊維を豊富に含み、血糖値が急激に上昇しにくい『サツマイモ』を原料として選んでいます。
主な炭水化物は以下の通りです。

サツマイモ ジャガイモ(全体のたった9%!)

○各種健康成分
人も犬も食事から医食同源、食事から健康づくりが大切です。
カナガンは栄養バランスだけではなく、愛犬の健康づくりをお手伝いする原料が多く含まれています。
例えば血液をサラサラにするサーモンオイルと海藻、おしっこのPhをコントロールするクランベリー、おなかの調子を整えるオリゴ糖、さらに軟骨成分のグルコサミンとコンドロイチンが使用されているのです。

オールステージで必要な成分をほぼカバーしているため、カナガンを若いうちから与えていくのが理想的ですね。

カナガンは高カロリー?ダイエット中の犬でも食べられる?

カナガンのカロリーは他社の製品と比較すると平均的です。
カロリーは高すぎず低すぎず、本当に中間程度といった印象を受けました。
そのため、子犬からシニアまで給餌量やトッピングで与えることが可能です。
給餌量を確認のうえ、痩せすぎのわんちゃんは10パーセント増し、ダイエット中のわんちゃんは10パーセント減で与えていくとよいでしょう。

また、別のフードからカナガンへ切り替える際の注意点があります。
それは、今までのフードからカナガンへ突然切り替えないことです。
レビューサイトや通販サイトを見ると「カナガンにしたら下痢をした」という書き込みが目につきます。
極端なたとえ話ですが、人間だってお米が変わったら「アレ?」と思いませんか。
犬にも嗜好があり、生理的にカナガンを受け付けない子や突然の高たんぱくご飯に驚いたりする子もいます。

フードを切り替える際は少しずつ時間をかけて与え、嫌がる子に無理やり与えないことが大切です。

カナガンは楽天やAmazonで買うべき? 公式サイトのほうが得?

筆者も楽天やAmazonと言った通販サイトをよく利用します。
しかし、ペットフードだけは通販をオススメできません。
なんといっても賞味期限に不安があるからです。
倉庫に置きっぱなしで劣化したフードほど健康被害が大きいものはなく、古めのフードにも同じ金額を支払っているのかと思うとしゃくですよね。

その点公式サイトから購入すれば、厳密に在庫管理されていて安心です。
さらに定期購入コースを利用することで通販サイトよりも安く購入できます。
筆者は定期コースで申し込み、不要になったら休止することでお得にお試し購入しています。
気になる方はぜひ試してみてくださいね。

カナガン買ってみた! 食いつきと体調の変化をレポート

カナガンドッグフードと一緒にいるダックスフンド
カナガンの購入に踏み切れない原因は、レビューサイトの酷評とそれと裏腹に高評価すぎるサイトが多い事でしょう。
しかし、筆者はカナガンを決して悪いドッグフードとは思えなかったのです。
そこでカナガンを実際に購入し、わんちゃんの食いつきや体調の変化を記録してみました。

○キブル(粒)の大きさ ★★★
カナガンドッグフードの粒
カナガンの公式サイトでは「小粒タイプ」と記載されていましたが、予想以上にキブルが小さいです。
計ってみると、1cm×1cm、厚さは5mm程度でした。
小型犬ならポリポリ食べられそうですが大型犬の場合丸呑みする可能性が考えられます。
また、結構な硬さがありシニアは湯でふやかすなど工夫が必要かもしれません。

○におい ★★★★
カナガンのキャットフードはかなりにおいがきつかったのですが、ドッグフードは全然気になりませんでした。
「まさに肉!」と言ったような香りで、筆者はくさいと感じません。
においはきつくなく、どちらかというとペットフードとしてはいい香りだなと思います。
これならばにおいでプイっとされることは少ないのではないでしょうか。

○食いつき ★★★★★
広告のようですが、食いつきは非常に良かったです。
偏食しないわんちゃんだったこともありますが、初めて口にするカナガンを拒否することなく完食しました。
ロイヤルカナン(Phコントロール)を与えていた時よりも食いつきが良く、食べた後もご機嫌です。

○その後の体調変化
カナガンを1か月続けてもらったところ、わずかですが体調に変化が現れました。
今までおなかの調子が悪く便秘と軟便を繰り返していたのですが、艶のあるいいうんち(?)が安定して出るようになったのです。
フードを切り替えきちんと運動をさせることで、以前よりも体調がよさそうに見えます。
すべてのわんちゃんにこのような効果があるとは言えませんが「市販されているドッグフードよりはるかに安心できる」という事だけは間違いありません。


○総合評価:購入する価値あり

カナガンを選ぶメリットは食いつきが良く、原料や成分に安心感がある点だと思います。
しかし、ここまで最高のドッグフードであるようにレポートをしてきましたが、実際にカナガンを手にして「ココは良くないな」と思ったこともありました。

カナガンはナチュラルフードであるにもかかわらず、パッケージにチャック・ジッパーがありません。
つまり開封したら小分けにして冷凍する手間があるのです。
鮮度命のナチュラルフードだからこそ、ここはマイナスポイントだと思います。
それ以外が良かっただけに残念ですが、保存が面倒くさくない人には購入する価値が十分にあるドッグフードです。

まとめ

今回はプレミアムドッグフード『カナガン』をご紹介しました。
カナガン自然に近い栄養バランスをテーマに、高たんぱくなレシピが採用されています。
穀物不使用で低アレルゲン、健康成分もたっぷり入ってオールステージ対応です。
実際にカナガンをわんちゃんに食べてもらっても、口コミのように重篤な有害事象が発生することはありませんでした。
今まで口コミに惑わされていた方へ、この記事がドッグフード選びの材料になればうれしいです。