ご近所で見かけることも多い、人気の犬種であるチワワ。
チワワはこだわりが強い性格なので、フードも好き嫌いをして、なかなかしっかり食べてくれない…という悩みを抱える飼い主さんも多いそうです。
ここでは、そんなチワワに合ったドッグフードについて、ポイントごとに詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

チワワは小型犬だから食事量が少ない?適切な量はどのくらい?

身体が小さく華奢なチワワなので、大型犬に比べると食べる量はもちろん少なめです。
ただ、チワワに与える適切な量は、体重やドッグフードによって異なりますので、心配な飼い主さんは購入したドッグフードのメーカーに問い合わせてみると良いでしょう。
犬のことを考えてドッグフードを作っているメーカーであれば、適切な給餌量を教えてくれるはずですよ。

ドッグフードをチワワが食べない?どうすればいい?

身体が小さいチワワは、ドッグフードを食べないからとい言って、すぐにお皿を下げたり、食べるまで絶食するという方法は危険です。
だからと言って、かわりにおやつをあげたりすると、「ごはんを食べなかったらおいしいおやつがもらえる」とインプットされてしまうため、過度な甘やかしはやめましょう。

以上のことから、好き嫌いが多いチワワにもしっかり食べてもらえるドッグフードを選んであげることが、健康で過ごすためにいちばんの近道だと言えるのではないでしょうか。

チワワにおススメのドッグフードはどんなドッグフード?

チワワのためのドッグフードを選びには、主に4つのポイントが挙げられます。

1.高品質な動物性タンパク質

タンパク質は、血・骨・筋肉・皮膚・被毛などを作る大切な成分なので、身体の小さなチワワは特にドッグフードからしっかりと摂ることが必要です。
また、犬は植物性タンパク質を消化しにくい身体の作りになっているため、消化吸収の効率が良い動物性タンパク質が含まれていることがポイントです。
動物性タンパク質とは、チキンやビーフ、ラム、鴨などの肉類や、サーモン・ニシンなどの魚類をさしますが、なかでもヒューマングレード(人間が食べても安全とされている基準)を満たした、高品質な原材料が使用されているものを選ぶと安心です。

2.グレインフリー(穀類不使用)

室内犬であるチワワは、比較的運動量が少ないため、肥満になりやすい犬種です。
そのため、脂肪に代わりやすい穀類が多く含まれるドッグフードは避けて選びましょう。
また、先ほどもお伝えした通り、植物性タンパク質である小麦などの穀類は、本来肉食である犬の消化器官に負担を掛けてしまいます。
このことからも、グレインフリーのドッグフードの方が身体にも優しいと言えますね。

3.被毛や皮膚に良い成分

必須脂肪酸であるオメガ3やオメガ6は、美しい被毛や皮膚のためには欠かせません。
オメガ3やオメガ6は、サーモンオイルや亜麻仁油、えごま油、海藻などから摂ることができますので、これらがバランスよく含まれているドッグフードを選ぶと良いでしょう。

4.人工添加物不使用

香料や着色料、保存料などは、人間はもちろん、犬の身体にとって良いものではありません。
特に身体の小さなチワワはその影響を受けやすいため、注意が必要です。
ドッグフードを選ぶ際は、これらの人工添加物が不使用かどうか注意してください。

以上の4つのポイントを参考に、ドッグフードのパッケージに記載されている原材料を確認して購入するようにしてみてください。

チワワにおすすめのドッグフードランキング

ここまでは、チワワによいドッグフードのポイントをお伝えしてきましたが、具体的にどのフードがいいのかわからない、という飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか?
そんな飼い主さんのために、ここからはチワワにおすすめしたいドッグフードをランキング形式で紹介していきますね。

No.1カナガン

カナガンは、チキンの配合量が全体の50%以上と、良質な動物性タンパク質が豊富なドッグフードです。 
1回の給仕量は、他社のフードと比べると少なめなので、チワワでも少ない量でしっかり栄養を摂ることができるのも、うれしいポイントですね。
サーモンオイルが配合されているので、被毛と皮膚のケアもバッチリ。
グルコサミン・コンドロイチンなどもしっかり配合されているので、関節の弱いチワワにもうれしいバランスの良いフードです。
もちろん穀物不使用(グレインフリー)、全てヒューマングレードの材料が使用されています。

No.2オリジン

オリジンは、チキンのほかにも七面鳥やニシン・サーモンなど、肉類と魚類の動物性タンパク質をバランスよく配合したドッグフードです。
他にも、天然のビタミンやミネラルを豊富に含む野菜やフルーツ、ハーブを使用しており栄養もたっぷり。
もちろん、グレインフリー、人工添加物不使用なので安心して愛犬に与えることができますよ。

No.3 ネルソンズ

ネルソンズは、イギリスのトップブリーダーが推奨している良質なドッグフードです。
タンパク質は30%と高タンパクなので、チワワにもぴったり。
サーモンオイルや海藻が被毛を美しく保ち、オリゴ糖が体内を健康に保ってくれるなど、栄養バランスもしっかり考えられたフードです。
こちらも穀物不使用(グレインフリー)で、ナチュラルな素材のみを使用して作られています。
他のフードと比べると少し粒が大きめなのですが、その分丸飲みせずにカリカリ噛んで食べる仔も多いそうですよ。

国産でおすすめのドッグフードは?

ドッグフードを選ぶ時に迷うのが、国産か外国産かというポイントがあるのではないでしょうか?
人間の食べ物の場合、国産の方が安心という概念が一般的に広く認識されていると思いますが、ドッグフードに関しては、一概には言いきれません。
なぜなら、外国産の方が国産よりもドックフードの基準が厳しく、なかでもドイツ・イギリスはドッグフードの先進国で基準も特に厳しく設けられているからです。
日本のドッグフードの場合、国内メーカーのものでも作られている工場はアジア諸国であるなど、国産であるとは限りません。

それでも国産のフードがいい!という飼い主さんにおすすめできるドッグフードは、「ドットわん」。
こちらは、岡山にあるドッグフードのメーカーで、素材が劣化しにくいフリーズドライ製法でドッグフードを製造しています。
メインで使用されている動物性タンパク質は、チキン・ビーフ・豚・魚などに分かれているので、アレルギーがある愛犬でも選択肢が豊富なのもうれしいポイント。
全ての原材料の産地が表示されていることに加えて、人間用の食品流通ルートを通しているので安心して愛犬に与えることができるのもいいですね。

チワワがなりやすい病気…どうすればいい?

チワワは、低血糖症をおこしやすい犬種です。
症状としては、ぐったりする・痙攣する・意識を失う・下半身が動かなくなる・失明する、など聞くだけで恐ろしいもの。
低血糖症は、肝臓やすい臓の疾患、糖尿病などを抱えた犬がなりやすいのですが、これには専門的な治療が必要です。
そのほかの主な原因としては、空腹や過度な運動も低血糖を引き起こすと言われています。
低血糖症の治療法としては、子犬の場合はブドウ糖溶液を与える、成犬の場合は消化吸収の良い高品質なドッグフードを与えることで血糖値を正常に戻す方法があります。
このことからも、身体の小さいチワワは低血糖症にならないように、毎食しっかりとドッグフードを食べることが大切ということがわかりますね。
低血糖症になることがないように、飼い主さんが愛犬に合ったドッグフードを選んであげてください。

ドッグフードの100円モニター


無添加グレインフリーのモグワンドッグフードがなんと100円!
栄養満点のドッグフードをこの機会にお試し下さい。