せっかくドッグフードを選ぶなら、健康的かつ安全性が高いものを選びたいものです。
しかし、療養食や健康ケア用のドッグフードでも安全と言えないことをご存知でしょうか。
今回は医師が開発した国産ドッグフード『ドクターケアワン』をご紹介します。

ドクターケアワンのドッグフードとは?

ドクターケアワンとは、東京の株式会社アニマルライフ研究所および愛犬健康ショップが販売するドッグフードです。
これまでも国産ドッグフードを数多くご紹介してきましたが、ドクターケアワンは著名な獣医師が開発した、まさに『お医者さんが考えた最高のドッグフード』と言えます。
そのため成分や原料にこだわり、値段に糸目をつけないという点も特徴の一つです。

  • ・ドクターケアワンのメリット1『専門家が監修している』

もちろんどのようなドッグフードでも専門家が開発に携わり、モニター調査を行ってから市場に参入していきます。
しかし市販のドッグフードの場合コストが最優先となるため、最善が分かっていながらも実現できないというジレンマがあるのです。
しかしドクターケアワンの場合、コストを度外視し専門家が良いと思ったまま製造されています。
しかもドクターケアワンは健康で長生きすることを目的としているため、市販のドッグフードには使用されない健康成分が盛りだくさんです。

  • ・ドクターケアワンのメリット2『無添加で安心』

もはやプレミアムフード界では無添加が常識です。
その例にもれず、ドクターケアワンも無添加で安心して与えられます。
しかも国産かつヒューマングレードな原料を使用し、国内工場で製造する徹底ぶりです。
そのかわり、開封後はあまり日持ちしないため早目に使い切る必要があります。

  • ・ドクターケアワンのメリット3『健康成分』

人も犬も歳をとるにつれて体にガタが来るものです。
飼い主さんの中でも、毎日サプリを摂っているという方もいるのではないでしょうか。
犬用サプリは様々ありますが、飲ませるのが大変であったり風味を損ねたりするものもあります。
しかしドクターケアワンなら毎日の食事の中でおいしく健康成分を摂ることが可能です。

具体的にはグルコサミン・コンドロイチンといった関節保護成分、抗酸化作用の強い紫いもや赤米、腸内フローラを整えるゴボウなど様々な食物繊維が使用されています。
これだけたくさんの健康成分が使用されているのに風味高く、食いつきも抜群です。

  • ・ドクターケアワンのメリット4『原料すべてが上質』

スーパーへ足を運ぶと、国産の食べ物と海外産の食べ物の価格が同じという事はほぼあり得ません。
そのためペットフードでは人間が食べられない食べ物やレンダリングミートを原料とすることがあります。
そのように製造されたドッグフードは栄養価が低かったり、添加物で風味を工夫しなければ食いつきが悪かったりするのです。
ドクターケアワンは『国産』という点を前推しにしているように、原材料の産地も明記しています。
原料の品質が高く、我々が食べても健康になりそうな印象を受けました。

ドクターケアワンの成分や原料をチェック。デメリットも隠さず解説!

与えるメリットの多そうなドクターケアワンですが、100パーセント信頼してよいか疑ってしまいます。
なぜならインターネット上にはオススメ記事ばかりだからです。
ここではドクターケアワンの原料・成分、パッケージに至るまで徹底チェックしていきます。
そのうえでメリットとデメリットを隠さずお伝えしていくので、ぜひ読んでくださいね。

○原材料

鶏肉(鹿児島産)、玄米(福岡県産)、大麦(熊本県産)、ビール酵母、かつお粉末(鹿児島県産)、黒米・赤米(福岡県・香川県産)、むらさきいも(宮崎県産)、卵殻カルシウム(国産)、グルコサミン(エビ・カニ由来)、コンドロイチン(鮭由来)、昆布、ニンジン、シイタケ、大根葉、白菜、高菜、パセリ、青しそ、キャベツ、ブロッコリー、ごぼう、カボチャ(時期により産地が変わることあり)

原材料を見る限り、体にいいものしか入っていないことがよく分かります。
鹿児島県産の鶏肉は非常に栄養価が高く、理想的な主原料です。
そして、鹿児島県産の鶏肉といえばスーパーで購入すると海外産と2倍以上の価格で販売されている高級品でもあります。
また鶏肉以外でも毎日20品目近くの食材を摂れることから、栄養バランスも優秀です。
その点、ドクターケアワンなら人間以上に健康的な食事ができると言っても過言ではないでしょう。
逆にこれだけの食材を揃えているため、コスパはかなり悪いです。

また、公式ホームページには原材料表の掲載が無く、添加ビタミンもないのか疑問も残ります。
一般的にはミックストコフェロール(ビタミンE)やハーブ由来成分が保存料として使用されるのですが、その記載もありません。
隠す意図はなさそうですが、常温保存が大丈夫か心配になるため明記してほしいところです。
原材料を明記しない点が不親切なためマイナスポイントとなります。

※追記:パッケージの原材料名には『ビタミンE』と記載されていました。

  • ○成分分析値
粗たんぱく質 22.5%以上
粗脂肪分 7.5%以上
粗繊維質 2.5%以上
水分 10%以下
粗灰分 6.0%以下

成分分析値もホームページ上に記載がありませんでした。
パッケージによると上記のような成分のようです。
カロリーも記載がないため正確ではありませんが、おそらく成犬~老犬向けであることから340~370kcalほどであることが予想されます。
また、シニアになると腎臓が弱っているわんちゃんが増えるなかリンやマグネシウムの記載がない点がマイナスです。

ドクターケアワンは無添加ですが穀物不使用(グレインフリー)ではありません。
食物繊維とビタミン豊富な玄米、黒米・赤米が使用されているため、穀物アレルギーが疑わしいわんちゃんは与える際注意が必要です。
アレルギーの有無にかかわらず、ドッグフードを切り替える際は毎日10パーセントずつ新しいフードへ移行するように注意しましょう。

  • ○味

ドクターケアワンはかつお粉が使用されていることから風味高く、食いつきも上々であることが期待できます。
ちなみに、ドクターケアワンは人が食べられるドッグフードです。
筆者はよくレビューの為にペットフードを試食するのですが、シニア向けドッグフードは塩気が薄く香りが非常に強いことが多いため、ドクターケアワンも同じ感じではないかと予想します。

  • ○キブル(粒)のサイズ

ドクターケアワンのキブルは割と小さめです
直径1cm未満、厚さは3~4mmほどの小粒サイズのため、大型犬は丸呑みに注意しましょう。
硬さはサクサクというよりポリポリ、一般的なペットフード同様の硬さです。
歯やあごの弱ったわんちゃんには少し硬く感じられるため、湯でふやかす等の工夫が必要となります。

  • ○総合評価『常食として可』

食材のチョイスが手作りごはんに近く、品目も多いことから栄養バランスが抜群です。
常食のローテーションに入れるならばドクターケアワンは非常に良い選択肢となります。
しかしながら長期間の給餌はコストを考えると、セレブ以外には現実的ではありません。
コストを考えなければこれ以上ないドッグフードです。
非常に良いドッグフードだけに、告知多めのホームページから製品の情報量多めなホームページになることを切に願います。

ドクターケアワンをオススメできる犬種とタイプをチェック!

ドクターケアワンは主に成犬=シニア層をターゲティングしたドッグフードです。
フードのコンセプトが『愛犬の健康維持』であるため、パピー(子犬期)の給餌は想定されていません。
成長期が終わり健康を意識しはじめた4歳以降のわんちゃんへおすすめです。
またカロリーはさほど高くないことが予想されるため、健康的にダイエットをしたいわんちゃんへの給餌も良いでしょう。

キブル(粒)が比較的小さめのため、チワワやパピヨンといった小型犬から柴犬程度の中型犬までは非常に食べやすいことが予想されます。
しかしハスキーやサモエドのような大型犬の場合、キブルを噛まずに丸呑みしてしまう恐れがあります。
大型~超大型犬には体格に合ったドッグフードを選びましょう。
参考情報ですが、大粒タイプの販売されているプレミアムドッグフードは『FINEPET’S 大粒タイプ』や『ネルソンズドッグフード』が代表的です。

  • ○給餌量

先ほどもご紹介したように、パピーへの給餌は想定されていません。
給餌量の目安も成犬~老犬となっているため、パピーへ給餌する予定がある方は『カナガン』や『モグワン』のような高たんぱく高カロリーフードをおすすめします。

成犬/体重(kg) 1~3kg 4~6kg 7~9kg 10~15kg 16~20kg
成犬/給餌量(g) 31~84 88~141 134~191 175~280 249~368
老犬/体重(kg) 1~3kg 4~6kg 7~9kg 10~15kg 16~20kg
老犬/給餌量(g) 27~61 76~105 116~140 151~205 215~254

ドクターケアワンは高い。料金とお得な購入方法

ドクターケアワンは800gで定価3000円(税別)とかなりお高いです。
10~15kgの中型犬へ常食として与える場合、多ければ月に10袋以上購入しなければなりません。
そうなると3240円*10袋で32400円という莫大なコストがかかることになります。
正直なところ、人間の食費以上の出費になることは間違いありません。

しかもAmazonや楽天などのディスカウント価格で購入できるわけもなく、ドクターケアワン公式ホームページでのみ販売されているのです。
そしてかなりの数が必要になるため、ある程度まとめて購入しなければいけないことや、定期的に発注しなければフード切れを起こす可能性があります
しかもドクターケアワンは開封から1か月以内で使い切る必要があり、一気にまとめて購入することはお勧めできません。

そこで利用したいのが『ドクターケアワン 3袋定期トクトクコース』です。
いわゆる定期購入コースですが、通常価格9720円(税込)が8262円(税込)になるため、利用しない手はありません。
しかも30日間返金保証、いつでも定期コースの変更・停止が可能です。
配送ペースも変更できるためまとめ買いのメリットはほとんどなく、ほとんどのユーザーが定期コースを利用しています。

まとめ

今回は獣医師が考えた最高のドッグフード、ドクターケアワンをご紹介しました。
まさに愛犬のからだのことしか考えていない良質な原料で作られるドクターケアワンは、常食にもご褒美にもぴったりです。
コストはかなり高めですが、健康はお金に換えられません。
30日返金保証もあるため、まずは気軽に試してみてはいかがでしょうか。