歯のきれいな犬

愛犬の健康を考える以上、丈夫な歯は必要不可欠です。
虫歯などの歯の病気になるとその他の病気も併発してしまい重症になる場合もあります。
人間だけでなく犬にとっても歯はとても大切na
ものです。
今回は犬の虫歯予防とおすすめのドックフードランキングを解説していきたいと思います。

犬の虫歯対策におすすめの方法

犬用歯ブラシで歯磨きをする

人間と同じように歯ブラシで歯磨きをする方法です。
犬は口元を触られるのに不快感を抱くので、少しずつ顔を触ったり口元を触ったりして慣らしていきましょう。
磨き方としては
①前歯(外側)
②奥歯(外側)
③歯の裏側
という順に磨いていきましょう。
人間と同じようにしっかりと磨いて、磨き残しがないようにしてください。

歯の健康チェック

歯磨きをして満足していいてはいけません。
毎日愛犬の口の中を観察して歯の健康チェックをしましょう。
チェック項目としては

  • ・歯茎が腫れて出血などしていないか
  • ・口臭がきつくないか
  • ・歯の色は白いか(黄色や茶色はだめ

  • ・歯垢がたまってないか
  • ・小さな虫歯ができていないか
  • ・歯が欠けたりしていないか
  • ・食事をこぼしやすくなってないか
  • ・片方の歯で食べていないか
  • ・食事時間が長くなっていないか

といった項目をチェックしていきましょう。
人間のように犬は「歯が痛い」といってくれないので、飼い主自身がしっかりと管理してあげなければなりません。
気づいたら虫歯が進行していたということがないようにしましょう。

犬にも歯磨きって必要?歯ブラシって使った方がいい?

犬を飼っている人で「歯磨きは必要か?」と疑問に思う方もいるかと思います。
しかし、それは人間に「歯磨きは必要か?」と言っているのと同じです。
さらに、犬は歯垢が歯石になるまでスピードが人間の7倍なのでこまめに歯磨きをしないといけないようです。
犬にとって歯磨きは欠かせないものであり、虫歯などを予防するのに最も適した方法と言えます。
犬専用の歯ブラシをきちんと使用してブラッシングしてあげましょう。
歯磨きの回数としては毎日1回がベストで、最低でも3日に1回はしなければなりません。
犬用の歯ブラシは愛犬の口の大きさに合わせたものを選びましょう。
中には人間の子供用の歯ブラシを使用している人もいるようなので、ワンちゃんがしっくりくるものを探してみてください。
特に犬は歯磨きを嫌がるパターンが多いので徐々に慣らして歯磨きを行いましょう。
最初は優しく磨いてああげて恐怖心を少なくするように心がけましょう。
それでも難しいようなら「この日は前歯」「次の日は奥歯」と分けてあげると短時間で歯磨きが終わっていいかもしれません。
それでも歯磨きが嫌なワンちゃんの場合は、歯磨きシートを利用してみましょう。
人間の指に巻きつけて使用するので、ワンちゃんもそこまで恐怖心を抱きません。
歯ブラシを使用する前にこちらの歯磨きシートで練習も良いです。
このように犬にとって歯のケアは大切です。自分の歯以上に気を使ってみてください。

犬が歯ブラシを嫌がったらどうする?歯磨き以外の方法

愛犬がどうしても歯磨きを嫌がってしまい話にならないというかいぬしさんも多いかと思います。
そこでこちらでは歯ブラシ以外の方法で歯をケアする方法を紹介していきたいと思います。

歯磨きガム

歯磨きガムは歯磨きが苦手なワンちゃんがいる飼い主さんにとって強い味方になってくれます。
骨型のもので喜んで噛んでくれるワンちゃんも多いので気軽に歯のケアができます。
この歯磨きガムを上手く利用する方法としては寝る時間に歯磨きガムを与える方法です。
そうすることでワンちゃんがゲージや小屋に入りやすくなり躾としても最適です。
これが習慣化すると歯磨きガムを見せるだけでお家に入ってくれます。
これで手間をかけることなく歯磨きができますね。

歯磨きシート

歯ブラシでしっかりと歯を磨くことができるようになるまでは歯磨きシートで慣らしてあげることが大切です。
まずは歯磨きシートで歯をこすり磨きしてあげることで口元を触られる抵抗感を少なくしていけます。
歯磨きシートを使用する手順としては
①スキンシップで口元を触る
②触らせてくれたらご褒美(餌)をあげる
③口の中を触る
④触らせてくれたらご褒美(餌)をあげる
⑤触りやすい場所からシートで拭いていく
⑥始めの頃は短時間で終わらせる
というような手順を踏むことで口元や歯を触られるといいことがあると思わせていくことが大切です。
歯磨きシートに慣れてくると次は歯ブラシを使用したブラッシングにも挑戦していきましょう。

液体歯磨き

歯磨きの補助的なものとして液体歯磨きも有効なケア商品です。
歯ブラシや歯磨きシートと違い飲み水に少量混ぜて使用したり、歯磨きシートに少し含ませて使用するのが特徴です。
口臭や歯垢、歯石の予防になるので歯磨きと併用して使用していきましょう。
普段の飲み水に入れるだけなのでほとんど手間はかからずにケアができるので歯磨きを始めて間もなく、まだまだ磨きが甘い時期は活用した方がいいでしょう。

歯垢や歯石を放っておくとどうなる?犬にも歯医者って必要なの?

歯垢とは?犬の歯垢を放っておくとどんな事になる?

歯の表面に付着した食べ物のカスなどのことを言います。
唾液などで流されなかった歯垢は歯の間に挟まって増殖を始めます。
歯磨きを怠るとどんどん増殖をして虫歯や歯石の原因になります。

歯石とは?目だって汚い歯石をとって清潔に

歯石とは歯垢が固まって石のように硬くなったものをさします。
こちらは歯磨きでは取り除けないくらい硬いので歯医者さんでの治療が必要になってきます。
また歯垢から歯石に変わるスピードも人間の7倍と凄まじい速さです。
こうならないためにも毎日の歯磨きはかかせません。

放っておくと歯周病や虫歯に。犬の歯周病は恐ろしい

歯垢や歯石をほおっておくと人間と同じように歯周病や虫歯になってしまいます。
歯周病になるとこのような症状がみられます。
・口臭
・歯茎の腫れ
・歯の根元に膿ができる
・歯肉が溶け始める
などがあげられます。
このような症状がみられたらすぐに獣医さんに相談すべきです。
また、症状がなくとも飼い主さんでは見つけられないような小さな変化もあるので定期的に相談しにいく方が良いでしょう。
特に歯周病から他の病気になるケースも少なくありません。

歯周病が引き起こす病気。犬の歯周病には気をつけよう

歯周病が悪化すると歯の健康だけでなく体全体の健康に害を及ぼします。
特に心不全や腎不全などの重い病気のリスクが高まります。
歯周病菌が血液中に入り込み心臓や腎臓に到達してし炎症を起こします。
これらの病気は完治しない命に関わる病気なので、歯周病と甘くみてしまってはいけません。
少しでも歯のケアが心配な場合は獣医さんに相談しましょう。

犬の歯周病の治療法にはどんなものがある?

万が一歯周病になってしまったら薬を使用する場合も多いですが、原因の歯垢や歯石をなくさなければ意味がありません。
なので基本的には人間と同じように先端の尖ったドリルのようなもので削るしかありません。
そうなるとワンちゃんも怖いですし治療費もバカになりません。

歯周病を軽視しない

歯周病だからといって心配せずに軽視していると愛犬の健康を損なってしまう可能性が高いです。
特に人間がしっかりみてあげないとどこまで歯周病が進行しているかもわかりません。
しっかりとしたケアを徹底しましょう。

犬が虫歯になったらどのくらいの費用がかかってしまう?

犬が虫歯になってしまった場合「どのくらい費用がかかるのか」が気になるところです。
結論から申し上げると治療費は高額になります。
相場でいうと3万円前後の治療費がかかってしまうことが多いようです。
抜歯は1本当たり1万円前後するので虫歯が増えてから治療するととんでもない金額になります。
日頃のケアを怠らないようにする気持ちが高くなる金額ですね。
心配な方はペット保険に入るのも一つの手でしょう。

虫歯予防におすすめのドッグフードランキング

飼い主としては虫歯にならないように気をつけてあげたいと思う一方で「虫歯予防に良いドックフードはあるのか?」という疑問を持たれた方がいるかと思います。
しかし、ドックフードでは虫歯予防というのは難しいので、ドックフードに関してはどれだけ消化や栄養面に配慮し、健康第一で考えられているかというポイントに着目してドックフードを選ぶべきです。
こちらでは消化がよく、体臭や口臭の予防に配慮したドックフードランキングを紹介していきます。

1位:モグワン

モグワンは食いつきが良いドックフードとして定評があります。
試食会で97.8%のワンちゃんが食べてくれたというドックフードなので安心して購入できます。
またグレインフリー(穀物不使用)で動物性たんぱく質50%以上なので消化もよく体に負担をかけにくいのも特徴。
野菜や果物も豊富に入っているのでバランスの良い食生活を保てます。
こちらのドックフードは100円モニターでお試しができるため、まずは試してみたいという方にピッタリです。

モグワンドッグフードをお試しする前に口コミレビューをチェック

2位:カナガン

カナガンのドックフードはグレインフリー(穀物不使用)で獣医師がおすすめしています。
人間でも食べられる高品質の食材を使用しており、安心安全と言えます。
チキンや海藻、サツマイモなどがたっぷり入っており栄養バランス良いので健康的な食生活が送れます。

カナガンドッグフードの成分を徹底解剖。お試し前に必ず読む記事

FINEPET′S

こちらのドックフードは人間が食べることのできるレベルの食材のみを使用しています。
アレルギー性の低い鹿肉、鶏肉、鮭肉を使用しているので体の弱い犬にもピッタリです。
また、毛並みも良くなったとの口コミも多いです。

FINEPET’Sファインペッツは安全?極(KIWAMI)とは?

歯のケアと健康的な食生活が大切

愛犬の健康を考えるのであれば、歯のケアだけでなく健康的な食生活も必要です。
体の資本は食事からなのでまずはそこから見直す必要があります。
これからは歯のケアを欠かさずに食生活にも気を使ってみてください。

ドッグフードの100円モニター


無添加グレインフリーのモグワンドッグフードがなんと100円!
栄養満点のドッグフードをこの機会にお試し下さい。