近年、ドッグフードは徐々に健康志向や高級志向になりつつあります。
しかしプレミアムドッグフードだからと言えど、すべてが無添加なわけではありません。
愛犬には無添加で体にやさしいフードを選びたい、そんなあなたへおすすめな無添加ドッグフードをご紹介します。

無添加ドッグフードと市販ドッグフードの違いは何?

ホームセンターには様々なドッグフードが置かれ、関心のない人にとって「ドッグフードはどれも一緒」と感じられるでしょう。
しかし、市販とドッグフードと無添加ドッグフードはどれだけの違いがあるのでしょうか。
では市販のドッグフードと無添加ドッグフードの原材料表を比較してみましょう。

まずは市販のドッグフードです。

国産ドッグフード
穀類(トウモロコシ、小麦粉、コーングルテンミール、コーングルテンフィード、フスマ等)、肉類(チキンミール、チキンエキス、ササミパウダー、ビーフパウダー等)、動物性油脂、豆類(脱脂大豆)、魚介類(フィッシュミール、乾燥小魚)、野菜類(ビートパルプ、ニンジンパウダー、カボチャパウダー、ホウレンソウパウダー)、酵母エキス、チーズパウダー、ミネラル類(カルシウム、塩素、コバルト、銅、鉄、ヨウ素、カリウム、マンガン、ナトリウム、リン、亜鉛)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D、E、K、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、着色料(二酸化チタン、赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号、青色1号)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブエキス)

原材料は含有量が多い順に記載されます。
先頭に穀物が来ていますが、犬は穀物を消化する酵素を持たないため皮膚のかゆみや下痢などのアレルギーを発症する恐れがあります。
さらに主要なたんぱく源であるたんぱく質もどの部位が使用されているか不明瞭な『ミール』と、もはや肉でもない『エキス』しかほとんど入っていません。

食物繊維には安価なビートパルプが使用されています。
ビートパルプそのものは溶性繊維と不溶性繊維がバランスよく摂れる原料ですが、薬品による漂白をされた危険な原料である可能性も捨てきれません。

きわめつけに着色料が多用が目につきます。
犬は嗅覚に優れ、ドッグフードの色はあまり気にしていません。
つまり、飼い主に「きれいな色でしょ、おいしそうでしょ」と印象付けるためだけに有害な着色料を使用しているに過ぎないのです。

では次に無添加ドッグフードの原料を見てみましょう。

無添加ドッグフード
チキン&サーモン53%(チキン生肉20%、生サーモン11%、乾燥チキン11%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、サツマイモ、えんどう豆、レンズマメ、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ミネラル(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(ll)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン(ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE)、ココナッツオイル、バナナ、林檎、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、西洋タンポポ、トマト、ジンジャー、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、メチルスルフォニルメタン、コンドロイチン、乳酸菌

消化の悪い穀物はほぼ使用なし、主原料は『ミール』ではなく人間が食べられる肉や魚、添加物は一切使用されていません。
さらに関節保護成分や乳酸菌で健康維持にも一役買います。

市販のドッグフードと無添加ドッグフードには、こんなにも違いがあるのです。
あなたが与えているドッグフード、実は愛犬の健康を阻害しているかもしれません。

無添加のドッグフードランキング

無添加=体によさそうなイメージですが、具体的に『添加物』とは何を指すのでしょうか。
ドッグフードに使用される添加物は主に以下のようなものです。

・香料
生き物にとって匂いは食欲に直結する重要な要素です。
食いつきを良くするため、香料を使用するドッグフードも多数存在します。
香料は天然の成分だけではなく『合成香料』と呼ばれる化学物質を用いた場合、アレルギーなどの健康被害を及ぼすのです。

・着色料
安価なドッグフードには着色料が多く使用されています。
紅麹やエンジ虫のような天然成分だけではなく、赤色2号や赤色104号のような石油から生成された危険な着色料を使用するケースもあるのです。
これらの着色料により発がんのリスクが高まる可能性があります。

・保存料
ドライフードは油が使用されているため、油が酸化し品質が低下する恐れがあります。
酸化したフードは風味が落ち、食いつきが悪くなるのです。
さらに酸化した油は細胞を老化させ、がんや内臓疾患のリスクを高めます。
発がん性の認められるBHT(ブチルヒドロキシアニソール)・エトキシキン・BHA(ブチルヒドロキシアニソール)を「基準内」で使用しているドッグフードもありますが、いくら基準内とはいえ添加物を取り込むこと自体を避けたいものです。

しかし、香料や着色料はともかく保存料は使用しないとマズイのでは、と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
まさにその通り、ドッグフードにとって保存料は必要不可欠です。
無添加ドッグフードは有害な保存料の代わりにハーブやビタミンEを使用したり、パッケージに酸化防止対策をしたり、様々な工夫が施されています。

・添加物が使用されている可能性はゼロではない
あたかも無添加のように表記される原材料表ですが、使用している原料を100パーセント表記しなければいけないかというとそうではありません。

愛玩動物用飼料の安全性の確保に関する法律(ペットフード安全法)では「汚染された原料を使用しないこと」「定められた上限に従い添加すること」と定めています。
さらに驚きなのは、原材料に含まれる添加物の表示は義務ではないのです。
平たく言えば「添加物の表記はメーカーの良心しだい」という事になります。
もしもメーカーが添加物は微妙だから表示しなくてもよいと解釈すれば、安全ではないドッグフードが法を潜り抜けて我々の手に渡っているかもしれません。
だからこそ、信頼できるドッグフードメーカーを探していかなければいけないのです。

○無添加のドッグフードランキング
有害な添加物が不要だと分かったところで、これらの添加物を使用しない「信頼できる」ドッグフードをご紹介します。

・FINEPET’S
FINEPET’S(ファインペッツ)は日本のメーカーがオランダで生産するナチュラルドッグフードです。
販売から20年以上たつ今でもレシピの改良を行いながら「ペットを長生きさせる」というコンセプトのもとナチュラルドッグフードの生産・販売を行っています。

ファインペッツのおすすめポイントは無添加だけではなくアレルギーに配慮し、さらに製品に対して放射能検査まで行っている点です。
そして一般的な無添加ドッグフードにはない『お試し版』がある事も、我々消費者からするとうれしいですね。

・JUDGE’S CHOICE
JUDGE’S CHOICE(ジャッジズチョイス)はロイヤルワラント(王室御用達)のお墨付きドッグフードです。
その安全性はイギリス王室が認めており、ジャッジズチョイスは王室で飼育されるペットに与えられています。

もちろん無添加、穀物不使用(グレインフリー)さらに犬種により3つのタイプからフードを選ぶことが可能です。
パッケージは酸化防止のためチャック付き、さらに800gと比較的量が少なめの為、鮮度が低下する前に食べきれます。
安全性で比べると、これ以上安全性が高いドッグフードはなかなか見当たらないのではないでしょうか。

・ヤラー
ヤラーはオランダで1992年に発売されたドッグフードです。
25年以上前にプレミアムドッグフードを販売し、まさにプレミアムドッグフードの先駆け的な存在と言えます。

その特徴は『オーガニックドッグフード』という珍しさにあります。
原料の多くはトレーサビリティで追跡可能であり、その安全性は人間の食品以上と言っても過言ではありません。
さらに食いつき良好、健康的な生活ができるとユーザーからの評判も上々の為、かなりオススメできるドッグフードです。

・オリジン 6フィッシュ
オリジンはアカナファミリージャパンが販売するドッグフードです。
アカナファミリーは大人気『オリジン』シリーズと『アカナ』シリーズを販売する超有名メーカーの為、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。
オリジンは『生物学的に適正』をモットーに製造されています。

6フィッシュといいながらも使用されている魚は6種類以上、すべてカナダで水揚げされた新鮮な魚のみ使用しています。
オリジンは新鮮な魚だけではなく、フルーツや野菜にもこだわり、自然界と同じ食材のバリエーション・鮮度を追求している点も特徴的です。
お値段はそこそこですが、価格に納得できればおすすめ度高めのドッグフードと言えるでしょう。

アランズドッグフード
アランズはレティシアンが販売するイギリス産のドッグフードです。
その名の通り、アランさんが愛犬のために編み出したレシピで製造されています。
アランズはイギリス初のナチュラルドッグフードであり、製造から10年経つ今も売れ続けているその理由は『目に見える効果があるから』と言えるでしょう。
アランズのリピーターさんは「皮膚の調子が良い」と評価することが多いのです。

アランズはオリジン同様ナチュラルフィーディング(自然給餌)を理念とし、添加物を一切排除したドッグフードです。
市販のドッグフードからアランズに切り替えてから調子が良くなったと感じる飼い主さんが続出しています。
小粒で食べやすく、ラムの含有量が多いのにハープが香るヘルシーなドッグフードなため、お肉が少し苦手なワンちゃんも食べやすいですよ。

カナガン
イギリス産ドッグフードの代名詞『カナガン』はレティシアンが販売するドッグフードです。
グレインフリー・無添加・高たんぱくと犬の体にとって最高のドッグフードと言えます。

筆者はカナガン購入者なのですが、一番気に入っているのは香りです。
ドッグフードの生臭さと油っぽさが気になっていた筆者が「いいにおい!」と口に出した初めてのドッグフードがカナガンでした。
そしてわんちゃんの食いつきの良さも抜群です。
カナガンをおすそ分けした飼い主さんからは「うんちの調子がいい」「食糞しなくなった」といううれしいメールが届いています。
実際に試したからこそ、おすすめしたいのがカナガンなのです。

モグワン
筆者のおすすめナンバーワンドッグフードがモグワンです。
モグワンもカナガンと同じくレティシアンが販売しています。
さらに、カナガンのスタッフが開発したカナガンを超えるドッグフードと言っても過言ではありません。

モグワンは他のドッグフードと同じくグレインフリー・無添加・高たんぱくなレシピなのですが、なんといっても食いつきが全然違います。
試食会では97.8パーセントのわんちゃんが食べたという驚異の食いつきを記録しました。

パッケージを開けた瞬間嫌な油臭さはなく、魚の珍味のような香りで猫までも反応するほどいい香りです。
そして味もしつこくないようで、わんちゃん達がペロリと平らげています。
クセのない味付けはトッピングとの相性も良く、茹でササミを乗せたりトマトを乗せると違った味わいでわんちゃんに好評です。

おすそ分け後、今でも継続的にモグワンを購入している飼い主さんは「バサバサだった毛が柔らかくなった」「飽き性なのにモグワンは食べる」と評価していました。
モグワンは筆者が一番おすすめしたいドッグフードです。
気になる方は<モグワンの記事>も読んでみてくださいね。

国産の無添加のドッグフードランキング

せっかくドッグフードを選ぶなら国産が良いという方も多いのではないでしょうか。
しかし、国産を謳うドッグフードには粗悪品が混ざっているという事実もあり、ドッグフード選びに置いて「国産が絶対に良い」という訳ではないのです。
そこで原料と成分を分析し、信頼できる国産無添加ドッグフードをピックアップしました。

・PERORI
PERORI(ペロリ)は兵庫県の『ドッグフードPERORI』が販売する純国産ドッグフードです。
原料として日本人になじみがある食材を使用している点も見逃せません。
特に注目したいのは『米油』です。
米油は他の食べ物と比べ物にならないほど抗酸化作用に優れ、健康な皮膚や美しい毛並みを作り出します。

フレーバーは馬肉と鶏肉の2つ、いずれも「この価格で大丈夫?」と言いたくなるようなコスパの良さも魅力的です。
初回購入はかなりお安く購入できるため、純国産ドッグフードが気になる方は購入してみてはいかがでしょうか。

PERORIは公式ネットショップでのみ購入可能です。

・ZEN プレミアムドッグ
ZEN(ゼン)は神奈川県の有限会社UGペットが販売するドッグフードです。
ZENを一言で表すと「こだわりがすごい」ということに尽きます。
原料のチャイナフリーに始まり、国産原料の多さ・無添加・調理方法に至るまですべてホームページで公開しているのです。
国産ドッグフードの中でもかなり安全性が高いことがうかがえます。

たんぱく源はドッグフードに珍しい国産イノシシ肉や国産イワシを使用、小豆やオキアミなどなかなかペットフードに使用されない効果で優れた食材が使用されています。
100gあたりのカロリーも低めでヘルシー、ぽっちゃりさんにもおすすめです。

ZENは大量生産されるドッグフードではないため、実店舗と公式ネットショップでのみ購入可能です。

・PRIMO
PRIMO(プリモ)は神戸市のPRIMOが販売するドッグフードです。
ラインナップが幅広く、普段使いのドライフードや無添加おやつ、さらには愛犬用の亜麻仁油まで販売しています。

プリモの特徴は不揃いすぎるキブル(粒)です。
その理由は『無発泡製法』にあります。
無発泡製法とは、フードの密度が高く栄養が凝縮される製法です。
さらに増粘多糖類を使用しないためあえて成形せず、ミンチ肉のような形をしています。
バージンオイルで80℃の低温調理をすることで栄養を損ねません。
カロリーは100gあたり400kcalとかなり高カロリーですが、腹持ちが良く給餌量も少ないため、ぽっちゃりさんにも安心です。

プリモは製造方法や原料にかなりコストがかかっているにもかかわらず、お値打ち価格で販売されています。
新鮮で栄養たっぷりのドッグフードなら、プリモで決まりです。
プリモは公式ネットショップで購入できます。

安い無添加のドッグフードランキング

ここまで数多くのドッグフードをご紹介してきましたが、どのドッグフードも激安とは言えない価格設定です。
そこで各ドッグフードの価格を並び替え、コスパのよいドッグフードを調査してみました。

メーカー 商品名(一部省略) 内容量 価格 1kgあたり価格 備考
ZEN グレインフリー フィッシュ 700g 2894円 4130円
オリジン 6フィッシュ 2.27kg 6804円 3402円
JUDGE’S CHOICE 800g 2286円 2858円
ヤラー センシティブ 2kg 4795円 2398円
FINEPET’S 1kg 2263円 2263円 KIWAMI(極)は1kgあたり3518円
モグワン 1.8kg 3960円 2020円
アランズ 2kg 3960円 1980円
カナガン 2㎏ 3960円 1980円
PERORI 馬肉 1kg 1836円 1836円
プリモ ベーシック 1kg 1680円 1680円

コスパの良い無添加ドッグフードはプリモ、PERORI、カナガンの順でした。
逆にハイクオリティゆえにお値段が張る無添加ドッグフードはZEN、オリジン、JUDGE’S CHOICEの順です。
国産ドッグフードがコスパのワンツーになるとは予想できませんでしたが、そこに食い込んできたカナガンはなかなかの実力ですね。
FINEPET’Sは高価格帯に入っていますが、初回価格が540円と激安の為ぜひ試したいところです。

筆者が購入しているドッグフードはごく僅かですが、この中でダントツのおすすめはカナガンです。
価格のわりに2kgも量もそこそこ多く、酸化した油の臭いニオイがせず、食いつきが非常に良かったため、コストと品質のバランスが取れていると言えます。

これらの無添加ドッグフードは通販サイトで購入できるものが少なく、主に直販サイトで購入する必要があります。
気になる方は公式ホームページでチェックしてみてくださいね。

まとめ

今回は無添加ドッグフードを数多くご紹介しました。
無添加ドッグフードは国産・海外産問わず数えきれないほど存在します。
そんな中でコスパの良い無添加ドッグフードはプリモ、PERORI、カナガンでした。
特にカナガンは価格と食いつきのバランスが絶妙なため、筆者の一押しです。
この記事がフードジプシーさんにとって、とっておきのドッグフードを見つける手助けになればうれしいです。