病院の帰りやお留守番を頑張ったとき、ご褒美でおやつをあげたくなりますよね。
しかし、市販のおやつには添加物が信じられないほど使用されていることをご存知でしょうか。
そこで今回は知っている人はもう使っている、無添加で安全なおやつをランキング形式でご紹介していきます。

犬のおやつにはどんなものがおすすめ?

犬用おやつといえば巻きガムやジャーキーを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
そこで、まずはある国産ジャーキーの原材料表をご覧いただきましょう。

国産ジャーキーの原材料

肉類(牛肉、鶏ササミ、鶏皮、鶏コラーゲン)、小麦粉、植物油脂、にんじん、ほうれん草、乳酸菌、ソルビトール、グリセリン、プロピレングリコール、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、亜鉛、鉄、銅、ヨウ素、マンガン)、リン酸塩(Na、K)、保存料(ソルビン酸、ソルビン酸カリウム、デヒドロ酢酸ナトリウム)、ビタミン類(コリン、E、A、葉酸、パントテン酸、D、B2、B12)、着色料(黄5、酸化チタン、黄4、赤3、青1、赤106)、発色剤(亜硝酸ナトリウム)

見た目はただのジャーキーなのに、実はこんなに危険が隠れているのです。
赤字で記載した原料は犬の体にとって有害以外の何物でもありません。

犬用おやつはこう選ぶ!

今では健康志向の高まりから、パッケージに『無添加』を書かれたおやつが非常に増えています。
しかし、無添加だからすべてよしという訳でもありません。
なぜなら、無添加でも危険な原料が使用されていることがあるからです。

おやつを選ぶ際は以下のことに気をつけましょう。

  • 1. 無添加おやつを選ぶ
  • 2. グレイン(穀物)およびグルテンフリーを選ぶ
  • 3. なるべく国産を選ぶ

国産で無添加!おすすめ犬用おやつランキング

当サイトが独自に調査したおすすめおやつをランキング形式でご紹介していきます。
ユーザーの声も一緒にご紹介しているため、ぜひ参考にしてくださいね。

3位:馬肉パラパラミンチ

馬肉パラパラミンチは名前の通り、常食としても非常に優れた馬肉のミンチです。
パラパラな状態で冷凍されているため、使いたい分だけさっと取り出せます。
この馬肉ミンチ、普段のごはんとして与えるにはかなりコスト高めなため、トッピングやおやつとして与えると良いでしょう。
まとめて購入すれば割安になるため、まとめ買いがおすすめです。

ユーザーの声

・全然ご飯を食べなかったのにすごく食いつきました!
・ドライフード+馬肉で毛並みもツヤツヤになってきました

2位:アランズナチュラルドッグフード チキン&ターキートリーツ

インターネットでは有名なナチュラルドッグフード(NDF)の無添加おやつが堂々ランクインです。
ラム肉ベースのナチュラルドッグフードとは違い、平飼いチキンとターキーが使われています。
無添加でグルテンフリーのため、アレルギー対策もばっちりです。
コストが割高なため、定期購入を利用すると良いでしょう。

ユーザーの声

・高いけどおいしいみたいです
・国産のおやつより安全かな?と思ってリピート購入しています

1位:ドッグスタンス 鹿肉ジャーキー

ドッグスタンスの犬用おやつは『ホリスティックトリーツ(心と体に働くご褒美)』をコンセプトに開発されています。
高栄養価でたんぱく質を効率よく補給できる上おいしい、鹿肉ジャーキーはこの上ないご褒美です。
また飼い主さんの手から直接おやつを与えることで、わんちゃんは精神的な安定や満足感を得ることもできます。
猟友会から届いた新鮮な鹿肉を丁寧に加工した無添加鹿肉ジャーキーをぜひお試しください。

ユーザーの声

・袋を開ける音でわんこたちがすっ飛んできます
・待てができないほど食いつきが良いです
・鹿肉ジャーキーを挙げるようになってから、すっかりおねだり上手です!

まとめ
今回は無添加で安全なおすすめおやつをご紹介しました。
残念なことに、ホームセンターで購入できるおやつには『無添加』を記載されていながらも粗悪な原料が使用されていることが非常に多いのです。
おやつを選ぶ際はきちんと原材料表を確認し、本当に安全なおやつだけを選ぶようにしましょう。

ドッグフードの100円モニター


無添加グレインフリーのモグワンドッグフードがなんと100円!
栄養満点のドッグフードをこの機会にお試し下さい。