市販のドッグフード

犬を飼い始めたときから健康を考えてドッグフードを選べる方は非常に少なく、ペットショップやホームセンターでぱっと目についたドッグフードを選びがちです。
しかし市販のドッグフードには粗悪品が多いことをご存知でしょうか。
今回は市販のドッグフードの危険性と信頼性の高いドッグフードをご紹介します。

無添加で栄養満点のドッグフードをあげたいならモグワンがおすすめです。

モグワンドッグフードは100円でお試し出来るので安いドッグフードを探している方にもおすすめです。

モグワンフードの100円モニターは以下からどうぞ


レビューは以下からどうぞ

モグワンドッグフードの100円モニターを募集中。実際の体験談レビュー

市販で買えるドッグフードは危ない?

市販のドッグフードにはメリットとデメリットが存在します。
しかし、一般的な市販のドッグフードにはデメリットが多く、長期的に与えることはお勧めできません。

  • ・市販ドッグフードのメリット1「求めやすい」

メジャーなドッグフードならばホームセンターまでいかなくとも、スーパーで購入できることも多々あります。
ちょっとしたおやつであれば、市販ものでよいかと考えがちですよね。
求めやすくストック切れを起こしにくいというのは、市販のドッグフードにおける最大のメリットです。

  • ・市販ドッグフードのメリット2「価格が安い」

ナチュラルドッグフードやプレミアムドッグフードを避ける理由として『価格が高い』という事が挙げられます。
しかし市販のドッグフードは信じられないほど安く販売されているのです。
頭数が多ければ多いほどドッグフードにかかる金額が増えるため、コストを抑えるために愛犬の健康を軽視してしまう傾向があります。

  • ・市販のドッグフードのデメリット1「原料の不安」

ペットフードが人間と同じ食べ物でできていると考えているならば、それは大間違いです。
昔々の犬のごはんといえば、白米に味噌汁をかけたりした残飯がメインでした。
今も昔も犬の口に入るのは『何かの残り物』なのです。
○○副産物や○○ミールは、人が食べられない動物の部位であり、血液や骨までもが使われています。
しかもその原料は新鮮ではない可能性があり、栄養上・健康上の心配も絶えません。

  • ・市販のドッグフードのデメリット2「健康被害」

「うちの子目ヤニがひどい…」「耳をかゆがる…」など、わんちゃんの体には悩みがつきものです。
その不調、ドッグフードからくるものかもしれません。
実際に我が家のわんこも市販のドッグフードで痛い目に遭いました。
まさに涙やけ、耳をかゆがる、お腹をかゆがる、毛がバサバサなど、多くの不調に見舞われ、食物アレルギーと診断されています。
現在はモグワンに切り替えて様子を見ていますが、体調もなんだか良さそうです。
あなたのわんちゃんもドッグフードを見直すことで、これらの症状が改善する可能性があります。

  • ・市販のドッグフードはよく選ぼう!

市販のドッグフードにはメリットを上回るデメリットが存在します。
しかし、粗悪なドッグフードが多いなか、実は安全な市販のドッグフードも少数ですが販売されているのです。
安全なドッグフードには以下のような共通点があります。

安全なドッグフードの共通点

 ・肉副産物(○○副産物、○○ミール)を使用しない
 ・原材料がヒューマングレード
 ・添加物を使用しない
 ・アレルギーへの配慮がある

これらの条件を満たすドッグフードを選ぶことで健康被害を防ぎ、健康な食生活を守ることができます。
残念ながらこの条件をすべて満たすドッグフードはかなり少なく、選択肢はかなり限られていると言っても過言ではありません。
次の項目では安全な市販のドッグフードをご紹介します。

市販のドッグフード、安全なのはこれだけ!

粗悪品が多く流通するなか、本当に安心して与えられるドッグフードはどれだけあるのでしょうか。
インターネット上で非常に人気が高い市販のドッグフードをは以下の4つです。

・モグワンドッグフード
もうとりあえずこれを与えておけば大丈夫といえるドッグフードです。
栄養満点!原材料はもちろんヒューマングレートで肉副産物は一切使わず、添加物ももちろん入ってません。
まさにパーフェクトドッグフードといっても過言ではありません。
でもそんなドッグフードって高いんじゃないの?
まさにそこがネックになっている方が多いと思うのですが、モグワンドッグフードはなんと、100円でお試しする事が出来るのです。

モグワンフードの100円モニターは以下からどうぞ


・オリジンシリーズ
全ドッグフードの中でも最高峰であり、ペットショップで購入できる最高レベルのドッグフードといえば、この『オリジン(Orijen)』です。
オリジンはペットフードとしては最多とも言える受賞歴があり、国内外から絶大な支持を得ています。
人気の理由は『安全性の高さ』です。
公式ホームページでは生産者の声をじかに耳にすることができます。
さらにオリジンは自社キッチンでドッグフードを徹底管理して作られており、アメリカの食の基準をすべてクリアしているのです。
お値段はお高めですが、市販のドッグフードでオリジン以上のものはなかなか現れないでしょう。

Orijen(オリジン)ドッグフードを分析!口コミから見る総合評価は?

・NOW!シリーズ
NOW(ナウ)フレッシュシリーズは原料やレシピが人気なドッグフードです。
ヒューマングレードの原料、そして健康的すぎるレシピで涙やけが改善したというレビューが目につきます。
さらにおいしさと栄養を最大限に引き出す低温調理で食いつきも抜群です。
パピーは小粒、アダルトは丸くてやや大粒なので、与える際は注意しましょう。
ペットショップによってはサンプルを配布していることもあるため、ぜひ探してみてくださいね。

・ティンバーウルフシリーズ
TIMBERWOLF(ティンバーウルフ)シリーズは取扱店舗が少なめですが、実店舗・通販で購入できる優良ドッグフードです。
ティンバーウルフは低アレルゲン・無添加で、さらにデトックス効果が期待できます。
特にデトックス効果が好評で、うんちの状態が良くなったという口コミが多いようです。
ティンバーウルフは4つのバリエーションがあり、それぞれを2~3か月定期でローテーションすることでアレルギーを予防し栄養の偏りを防ぐことができるとしています。
かなり人気が高く売り切れていることが多いため、しっかり在庫を確認してからお店へ足を運びましょう。

オリジンやカナガンなど人気のドッグフードは市販で買えないの?

ご紹介した3つのドッグフードは市販されていますが、一般的な目で見ると『ただの高級ドッグフード』なのです。
犬の健康に関心がない人の眼中に入らないドッグフードという事もあり、なかなかホームセンターで購入することはできません。
このようなナチュラルフードやプレミアムフードはペットショップやブリーダー、通販で購入することとなります。
楽天やAmazonのような大手通販サイトでは当たり前のように販売されているため、ぜひ通販サイトも確認してみてくださいね。
なお、Amazonでは大人気ドッグフード『カナガン』も購入可能です。
公式サイトからの購入に抵抗がある方はAmazonを利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は市販のドッグフードを与えるメリットとデメリットをご紹介しました。
犬は私たちの家族であり、健康をおろそかにするわけにはいきません。
いつまでも市販のドッグフードを与えていては、大切な家族を食物アレルギーで苦しめることにもつながりかねないのです。
安全なドッグフードでいつまでも愛犬と元気に過ごしてくださいね。

ドッグフードの100円モニター


無添加グレインフリーのモグワンドッグフードがなんと100円!
栄養満点のドッグフードをこの機会にお試し下さい。