ダックスフンドにおすすめのドッグフード。食べない時はどうすればいい? 

スポンサーリンク

くりっとした目と胴長短足な姿がとてもかわいい、ダックスフンド。
もとは狩猟犬として活躍していたことでも知られていますね。
明るい性格で遊び好きなので、家族のよきパートナーとしても、とても人気のある犬種です。
今回は、そんなダックスフンドにおすすめしたいドッグフードについてまとめました。
愛犬によりよいドッグフードを選んであげたいと思っている飼い主さん、必見ですよ!

ダックスフンドにはどんなドッグフードがおすすめ?

胴長短足はダックスフンドのチャームポイントのひとつですが、一方で太りすぎると椎間板ヘルニアなどの病気になってしまう危険がある体型なので、肥満にならないように考えられたドッグフードを与える必要があります。
下記の3つが、ダックスフンドにおすすめのドッグフードを選ぶためのポイントです。

高品質+高タンパク

ダックスフンドは、肥満になりやすい犬種と言われているのですが、なかでも多い病気である椎間板ヘルニアを防ぐには、骨のまわりを支える筋肉が必要です。
そのためには、新鮮な肉や魚を原材料として使用した高タンパクなドッグフードを毎日の食事として摂り入れることが有効です。
また、使用されている肉や魚類の品質についてもチェックしましょう。
栄養価の低いドッグフードだとたくさん食べないとエネルギーが補えないので、食べる量が増えてしまい、太る原因になります。
高品質な原材料を使用したドッグフードを与えた上でしっかり散歩し、筋肉をつけることで、病気の原因となる肥満を防ぐことができますよ。

穀物不使用(グレインフリー)

市販されている多くのドッグフードには、小麦などの穀物が大量に使用されています。
少しの肉類に大量の穀物を混ぜることでコストカットができ、少量でも満腹感が得られるので、一見よく思えてしまいます。
しかし、本来肉食である犬にとって穀物は摂りすぎると、消化不良を起こしたり、アレルギーの原因になることも。
加えて、穀物をはじめとした炭水化物は、肥満の最大の原因です。
ダックスフンドのドッグフードを選ぶ時には、穀物不使用・グレインフリーの表記があるものにしましょう。

関節サポート(グルコサミン・コンドロイチン)

ダックスフンドのドッグフードを選ぶ時には、関節をサポートする成分が配合されているかどうかもチェックしましょう。
なかでもグルコサミンやコンドロイチンは、関節サポートに有効な成分として知られていますね。
これらの成分が配合されているドッグフードであれば、シニア犬になっても安心して与え続けることができますね。

子犬の時のダックスフンドには何をあげるべき?

ダックスフンドの子犬にあげてほしいドッグフードは、カナガンです。
カナガンは、フードの粒が小さめなことに加えて、骨抜きチキン生肉・乾燥チキン合わせて50%以上の肉類を使用しているので、器官の発達が充分でない子犬でも消化しやすく、安心して与えることができます。
また、一般的に子犬向けのドッグフードは脂質が高いのが特徴ですが、カナガンも17%の高脂質となっているので、子犬に与えるのに適したドッグフードとなっています。

ダックスフンドが成犬になったら何をあげる?

ダックスフンドの成犬にあげてほしいドッグフードは、オリジンです。
オリジンは、高品質な肉や魚をバランスよく配合して作られているので、ダックスフンドに大切な高タンパクというポイントは、もちろんクリア。
また、太りやすいダックスフンドにうれしい低炭水化物・低GIの原材料が配合されているので、安心して愛犬にあげることができますよ。

スポンサーリンク

ダックスフンドがシニアになったら何をあげればいい?

シニアになったダックスフンドにあげてほしいドッグフードは、モグワンです。
モグワンは、新鮮なイギリス産のチキンの生肉とスコットランド産のサーモンなどの高品質で高タンパクな原材料を、全体の50%以上使用して作られており、栄養価が非常いのも特徴です。
加えて、関節サポートに欠かせないグルコサミンやコンドロイチンもしっかり配合されているので、椎間板ヘルニアの予防にも効果が期待できますね。
これらのことからもわかるように、モグワンはダックスフンドの老犬にぴったりなドッグフードと言えるでしょう。

ダックスフンドは太りやすい?年齢ごとにどのくらいのドッグフードをあげればいいの?

ダックスフンドは、遺伝的に太りやすい犬種だと言われています。
そのため、ドッグフードに使用されている原材料に注意が必要なことをお伝えしてきましたが、内容の良いドッグフードでも、あげる量を間違っては太ってしまう原因になりかねません。
上で紹介した3つのドッグフードは、パッケージに年齢別・体重別に合わせた給餌量が記載されています。
それでも不安な場合は、メーカーのカスタマーサポートなどに問い合わせてみてくださいね。

もしもダックスフンドがドッグフードを食べなかったらどうすればいい?

健康な犬であれば、ドッグフードを食べない場合の対応として、一定の時間が経過したらお皿を下げてしまう、食べるまで他のものはあげないという方法があります。
やってはいけないのが、ごはんを食べないからといって、代わりにおやつをあげること。
ダックスフンドはとても頭がいいので、「ごはんを食べなくても、おやつがもらえるから大丈夫」と覚えてしまいます。
こうなってしまうと、元に戻すことは大変なので、絶対に止めましょう。
いちばんいいのは、食い付きがいいドッグフードをあげること。
その点でも、先ほど紹介した3つのドッグフードは、「愛犬の食いつきがいい」、「ドッグフードを変えてからよく食べてくれるようになった」などという飼い主さんのクチコミが多いので、おすすめですよ。

やっぱり無添加がダックスフンドには一番いい

ダックスフンドにあげるドッグフードを選ぶ時には、色を鮮やかに見せる着色料や、食いつきを良くするための香料、4Dと呼ばれる肉副産物などの人工添加物が使用されていないか、よく確認しましょう。
これらの添加物の中には、発がん性があったり、アレルギー源となるものも多く含まれています。
原材料の安全性を確認することは、愛犬が健康に生活するために、とても大切なことなのです。

ダックスがかかりやすい病気。あげてほしい栄養分

ダックスフンドがかりやすい病気のひとつに、椎間板ヘルニアがあります。
椎間板ヘルニアは、激しい運動や肥満、骨の老化などで椎間板への負担が大きくなり、損傷することが原因でかかると言われています。
その症状は、飛び出た椎間板が神経を圧迫するため、愛犬に痛みや麻痺が生じるので、もとてもつらい病気です。
症状が軽い場合は、薬を使って内科的治療が可能ですが、重症化すると手術をしなければならず、手術をしても再発の可能性も高くなっています。
愛犬が椎間板ヘルニアにならないように飼い主さんができることは、食事と運動という、ふたつのケア。
食事面では、新鮮な肉や魚類などの動物性タンパク質を摂ることができるドッグフードを毎日与えましょう。
その際、パッケージに記載されているタンパク質が配合されている割合が高いものを選ぶといいですよ。
動物性タンパク質は、運動をすることで筋肉を作り、基礎代謝を上げてくれるので、太りにくい身体を作ることができます。
そのためにも、毎日の散歩は欠かせません。
愛犬が健康に過ごすためにも、ドッグフードに配合されている栄養分は、しっかり確認して選んであげてくださいね。

スポンサーリンク

安全なドッグフードの体験談


実際に運営メンバーが飼っているわんちゃんにドッグフードをあげてみた体験レビューを書いてます
生の声だから間違いないドッグフードの体験談です。
成犬!子犬!どんな犬にもおすすめ!モグワンドッグフード!



シニアにおすすめ!ピッコロドッグフード!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です