風邪を引きやすい犬にあげたいドッグフード。犬の風邪の原因と対策

寒い日々が続き、飼い主さんも体調を崩しやすいこの季節ですが、ふと気づくと愛犬が咳やくしゃみをしていたり、なんだか元気がなく、ぐったりしているということはありませんか?
犬にこのような症状が見られる場合、様々な病気が隠れている可能性があります。
ここでは、犬の風邪の原因や対策、風邪を引きやすい犬のために必要な栄養などを中心に紹介していきます。

風邪をひいた犬におすすめのドッグフード

風邪をひきやすい我が家の犬。何故こんなに風邪をひくの?

実は、犬には「風邪」という病気はありません。
人間の風邪とは、ウイルスが空気中や人との接触によって体内に入ることにより感染し、鼻水・くしゃみ・咳・発熱などの諸症状を引き起こすことを指すのですが、このウイルスの種類は数が多すぎるので、ワクチンなども存在せず、これといった予防法はありません。
犬も人間の風邪のような症状が見られることもあるのですが、獣医さんに診察してもらった場合に「風邪」という病名がつくことはあまりなく、咳やくしゃみ、鼻水などのひどい症状が見られる場合、「気管支炎・ケンネルコフ(伝染性気管支炎)」という診断をされることがあります。
気管支炎やケンネルコフは、免疫力が弱くなる冬にかかることが多い、風邪に似た症状が多いと言われている病気です。
他には、ハウスダストが原因の鼻炎だったり、年中咳を繰り返している場合は、器官虚脱の可能性も。
「風邪だろうから大丈夫」とそのままにしておくと、肺炎や痙攣を引き起こし、危険な状態になってしまう陥ってしまうこともあります。
愛犬が吐きそうな咳をしていたり、激しいくしゃみを続けてしているときは、注意しましょう。
一見風邪のような症状でも、様々な病気の可能性があるので、獣医さんに性格に情報を伝えられるように、愛犬の様子をよく観察することが肝心です。

犬の風邪の原因と対策。

犬の気管支炎やケンネルコフも、人の風邪と同じくウイルスが原因であることが多いです。
そのため、免疫力が弱っているときにトリミングサロンやドッグランなど、他の犬と接する場所に行った際に病気に罹っている犬に接触することで、感染する可能性が高くなります。
そのため、愛犬の体調が悪そうな時は、トリミングサロンやドッグランなどに行くのをやめるなど、少しでも感染するリスクを減らしてあげると安心です。
子犬や老犬がケンネルコフに感染し、重症化すると最悪の場合は死に至ってしまうこともありますので、特に注意するようにしましょう。
また、ウイルスに感染しないためには、免疫力を高めることも有効です。
体温が高いほど免疫力は高まり、体温が低くなるにつれ免疫力は弱くなり、ウイルスに感染しやすくなります。
寒い季節は特に、シャンプーの後には生乾きのままにせずにしっかり乾かす、お散歩のときは防寒用の洋服を着せる、暖房器具で室内を適温に保つなど、愛犬の体温が下がらないような工夫をすることが大切です。
ちなみに、気管支炎やケンネルコフが人間にうつるという事はありません。

他にも、細菌性や寄生虫感染が原因で風邪のような症状が見られることもあります。
ケンネルコフをはじめ、ワクチンを接種することで防げる病気もありますので、愛犬の健康のためにも、定期予防接種を欠かさないようにしてください。

犬が風邪をひいたらどうすればいい?

犬が風邪のような症状を見せた場合、様子を詳細に伝えることで、病気の診断に役立つことがあるので、いつもより注意深く様子を観察しましょう。
咳の症状が出ているときは、部屋の湿度を上げるなど、湿度と温度管理に気をつけてあげるといいですね。
もちろん、愛犬は安静に。
多頭飼いをしている場合は、念のため他の犬と部屋を分けたり、食器や水飲みを共有させないようにしてください。
また、人間の風邪薬を与えることだけは絶対にやめましょう。
人間の風邪薬に良く使われているイブプロフェンやアスピリンなどは、人間にとっては薬でも、犬にとっては危険な成分で、中毒症状を起こしまねません。
万が一与えてしまった場合は、その薬も持って、すぐに愛犬を病院に連れて行ってください。

すぐに病院に連れていく方が無難?

上では、自宅での対処法を紹介しましたが、犬に風邪の症状がある場合は、早めに病院に連れて行くのがいちばん安心です。
ただの鼻炎であればまだいいですが、フィラリアなどの寄生虫やウイルス、心臓病などが原因の場合、治療は少しでも早く開始するべきです。
また、下痢や嘔吐の症状上がる場合は、かなり弱っていると考えていいでしょう。
獣医さんに症状を正確に伝えられるよう、家での愛犬の様子をメモするなどして、なるべく早く病院に連れて行きましょう。

風邪をひきやすい犬に足りない栄養は何?おすすめのドッグフード

体調が悪く食欲がなさそうなときには、ウエットフードや、暖かいスープをかけてあげると、匂いが強くなり嗜好性が高まるので、食べやすくなります。
また、水分補給も忘れずに。
水を飲みたがらない場合は、スープや犬用ミルクでもいいので、とにかく水分を飲ませるようにしましょう。

病気に罹りやすい犬は、免疫力が弱まっている可能性があります。
免疫力を上げるためには、先ほどお伝えしたように体温を上げることに加えて、バランスよく栄養を摂ることが大切です。
そのためには、普段与えているドッグフードから見直すことがいちばんの近道です。
愛犬のドッグフードを選ぶときには、下記のようなポイントに注意してみてください。

高品質な動物性タンパク質

タンパク質は、血・骨・筋肉・皮膚・被毛などを作る大切な成分です。
本来肉食の犬は、植物性タンパク質を消化しにくい身体の作りになっているため、消化吸収の効率が良い動物性タンパク質が含まれていることがポイントです。
動物性タンパク質とは、チキンやビーフ、ラム、鴨などの肉類や、サーモン・ニシンなどの魚類をさしますが、なかでもヒューマングレード(人間が食べても安全とされている基準)を満たした、高品質な原材料が使用されているものを選ぶと安心です。

グレインフリー(穀類不使用)

市販されているフードの中には、価格を安く抑えるために植物性タンパク質であるトウモロコシや小麦などの穀物で、かさ増しをしているフードも多いです。
このようなフードの場合、原材料の一つ目に小麦やトウモロコシの表記があるので、注意して見てください。
犬は本来肉食なので、動物性タンパク質である肉類を消化することは得意ですが、植物性タンパク質である穀類が多く含まれるフードでは、うまく消化できない身体の仕組みになっています。
消化不良を起こしたりせず、食べた栄養をしっかり身に付けるためにも、グレインフリーのドッグフードを選ぶようにしましょう。

おすすめのドッグフードは?

毎日愛犬に与えるドッグフードは、安心・安全なものがいいですよね。
でも、実際にどのフードを選んだらいいのかわからない・・・という飼い主さんにおすすめしたいドッグフードを紹介しますね。

モグワン

モグワンは、良質な動物性タンパク質である新鮮なチキンとサーモンを材料として使用しているのですが、その割合が50%以上と多いのが特徴です。
また、人工添加物や植物性タンパク質である穀類を一切使用していない安全安心なドッグフードです。
まさに、病気に負けない免疫力持つからだ作りにぴったりのドッグフードと言えますね。

モグワンドッグフードをお試しする前に口コミレビューをチェック

安全なドッグフードの体験談


当サイトで使用したドッグフードの体験談を並べてみました。 成犬!子犬!どんな犬にもおすすめ!モグワンドッグフード!



シニアにおすすめ!ピッコロドッグフード!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です