今回ご紹介するのはアランズナチュラルドッグフード(以下NDF)です。
しかし、このNDF、わんちゃんに与えてみると意外な反応をした特徴のあるドッグフードでした。
この記事ではNDFのメリットやデメリット、特徴を詳しくご紹介します。

アランズナチュラルドッグフード公式サイトは以下からどうぞ


アランズナチュラルドッグフード(NDF)とは?

アランズナチュラルドッグフードとは、イギリスの『The Natural Dog Food Company』が製造し、レティシアンが輸入・販売しているドッグフードです。
イギリスのNDFホームページはポップでキュート、ドッグフードのホームページとは思えない可愛らしいページでした。

NDFはナチュラルフィーディング(自然給餌)をテーマに、自然界で犬が口にしない原料を使用していません。
つまり、小麦やコーンのようなアレルゲンはカットされているのです。
高たんぱくなレシピながらも愛犬のおなかの調子を整える原材料を選び、おなかにやさしく配慮されています。

ちなみに本来NDFにはラム・サーモン・ウエイトコントロール・パピーなど様々なフレーバーがありますが、日本で販売されているのは『アダルト・ラム』だけです。

シンプルすぎる原料!アランズナチュラルドッグフードの成分を分析

アランズナチュラルドッグフードのパッケージ

このNDF、ホームページでも公言しているように原料がかなり少なく、シンプルすぎるドッグフードなのです。
その分一つ一つに役割があり、体への負荷が少なくなるよう設計されています。

  • ○たんぱく質

主なたんぱく源は商品名の通り『ラム』です。
ラムには良質な脂肪、豊富なビタミン、さらに鉄分が多く含まれています。
肉含有量は最大55%なので、NFDの半分は肉でできていると言っても過言ではないでしょう。
そして、ラム以外のたんぱく源はありません。
「様々な食材で栄養を摂らせたい!」という考え方の飼い主さんは少し悩んでしまいますね。

  • ○低アレルゲン…だけど

NDFはアレルギーに配慮し、小麦・コーンを使用していません。
しかし、穀物は豊富に含まれています。
穀物はビタミン・食物繊維が豊富な食材です。
そのため便秘・軟便気味なわんちゃんの腸をキレイにしてくれる効果も期待できます。

「犬に穀物は是対ダメ!」なんて書かれているホームページを多数見かけますが、確かに生の大麦をそのまま与えることはおススメしません。
しかし細かく砕いて加工された穀物は比較的消化しやすく、わんちゃんの体にうれしい栄養をたっぷり摂ることができるのです。
NFDの主な穀物は以下の通りです。

玄米18%以上 全粒オーツ麦 全粒大麦

  • ○ヘルシーなレシピ

一般的なドッグフードは酸化防止剤の代わりに『ミックストコフェロール』と呼ばれるビタミンや、ローズマリーなどのハーブを配合したりしています。
保存料として使用するハーブ類は含有量が少ないため原材料表の一番後ろに記載されるのですが、NDFの場合原材料表の4番目という割と上位に『ベジタブル・ハーブミックス』と書かれているではありませんか。
野菜やハーブの内訳は分からないもののの、明らかに保存料としての用途を超えた分量が使われているのだろうなという事が推測されます。

なぜ肉ではなく野菜やハーブなのかというと、これが『ナチュラルフィーディング』の考え方だからです。
野生の犬は小型の草食動物を狩り、胃に残っている野菜やハーブも栄養として取り入れていることが考えられるため、あえてNDFも原料として使用しているのですね。

アマゾンや楽天で購入しない方がいい?

NFDをAmazonや楽天で買うよりもお得な方法をご紹介!

2017年現在、NFDを販売するサイトはAmazonと公式サイトの2つだけです。
その理由は冒頭にご説明した通り、日本ではレティシアンが輸入・販売していることにあります。
つまり、Amazonと公式サイトから購入すれば『正規品』という事なのです。

筆者はAmazonプライム会員でAmazonが大好きですが、NFDは公式サイトから購入しました。
その理由は、公式サイトから購入するメリットがあったからです。
まず配送について、どちらで購入しても到着までにかかる日数は同じでした。
次に品質について、NFDはAmazonのレビューが特別高いわけではないので倉庫に放置されていたら嫌だなと思いました。
最後に価格について、定期購入コースを選び15パーセント割引で購入できたことが決め手です。

1度きりのお試しのつもりが思わぬ食いつきの良さで継続する可能性もゼロではありません。
1袋2kg入りの為、たっぷり時間をかけて試すことが可能です。
いつもで休止・解約できる定期購入コースを強くおすすめします。

どんな犬に向いてる?子犬やぽっちゃりさんも大丈夫?

NDFはオールステージ対応のため、わんちゃんの普段の食事としての活躍が期待できます。
良質なたんぱく質が多く含まれ、カルシウムが効率的に摂れるオーツ麦を配合しているため、パピーからアダルトへの切り替えにもぴったりです。
しかし、NDFのメリットでもある「給餌量2分の1」は給餌量を減らさなければいけないぽっちゃりさんには不向きと言わざるを得ないでしょう。

アランズナチュラルドッグフードを買ってみた!気になるアレコレを解説

アランズナチュラルドッグフードと一緒にいる犬
NFDの評判が気になるけどなかなか手が出せない、そんな飼い主さんたちへ実食レポートをお届けします。
わんちゃんには個体差があり、これからご紹介するメリットやデメリットはすべてのわんちゃんに当てはまるものではないことをご了承くださいね。

アランズナチュラルドッグフードの粒の大きさ

  • ○キブル(粒)の大きさ ★★★

率直な感想ですが、これカナガンじゃない?と思いました。
というのも、小粒でドーナツ型のキブルで一緒だったのです。
小型犬にとって食べやすい大きさ、大型犬にとって丸呑みしてしまうサイズと言った印象を受けました。
ちなみにドーナツ型のキブルは、歯がドーナツの穴に入ってかみ砕きやすく歯磨き効果があるからだそうです。

  • ○におい ★★

ハッキリ言いますと、ドッグフードっぽいニオイじゃなかったです。
筆者と友人は『緑茶のニオイ』に感じました。
他の購入者は『葉っぱのニオイ』『ハーブのニオイ』と形容するほどハーブ系の匂いが強いです。
せっかく良質なラムが使われているのに、ハーブがすべてを打ち消してしまったかのような残念感がぬぐえません。
裏を返すと無香料であることの表れなのかもしれませんね。

  • ○食いつき ★★★

アランズナチュラルドッグフードに食いついている犬
においが肉や魚ではないため、わんちゃんも「これ食べられるの?」とやや困惑気味でした。
お皿に入れると一応食べるものの、カナガンのような食いつきではありません。
鼻の良いわんちゃんにとって、ハーブの香りはあまり食欲が増さなかった可能性があります。

  • ○その後の体調変化

食は進まないもののしばらくNDFを続けてみたところ、便秘が解消されるといううれしい変化がありました。
しかしアレルギー症状のような皮膚の発赤・下痢・嘔吐はなく、毛並みが悪くなることもありません。
はじめは少なすぎる原料に心配していましたが、艶の良い毛も生えはじめ、この『ナチュラルフィーディング』という考え方は理にかなっているのかなと感じます。

  • ○総合評価:フードローテーションに良い

わんちゃんの食いつきに不安を感じたため、継続購入はやや考えてしまうなという結果です。
便秘解消や毛並みのツヤと言った目に見える健康的な効果があり、におい以外は大満足でした。
イギリスだと約9ユーロ(約1160円)なのに日本で購入すると約4000円、公式サイトの「一日当たり194円」という記載は貧乏性な筆者からすると安いようには感じられません。
NDFは普段使いというより、フードローテーションに組み込むのが正解のような気がします。

まとめ
今回はアランズナチュラルドッグフードのメリットやデメリットをご紹介しました。
消化吸収が良く、おなかにやさしいのがNDFのメリットです。
においは好き嫌いがある特有のにおいの為、野菜とハーブ好きなわんちゃんは好んで食べてくれるでしょう。
購入はAmazonよりも公式ホームページがお得です。
どこで購入しようか迷っている方は、15%引きの定期購入コースでお得に試してみませんか。

アランズナチュラルドッグフード公式サイトは以下からどうぞ